手づくりタウンブログ

  • お気に入りに登録
  • Yahoo!ブックマークに登録

2010年8月

2010年08月10日

ひなちゃんのwoolを紡いだ!

first.jpg

3月12日に、まかいの牧場で今年初めて毛刈りされた羊のひなちゃんのwoolを独り占めしている足立です。

2009年3月3日に誕生したひなちゃん毛を、翌年の気温が高くなる前の季節に刈り取る。

すなわちバージンウールです。

ひなちゃんの毛質は、とびきり白くて柔らかい。

これを紡ぎました。

katatsumugi.jpg

ウール倶楽部の指導者である橋本花衣さんですら手を焼いたという繊細なwool。

はい、もう笑うしかありません。

ボコボコです。

こんな風に紡いだ糸に「味?」「表情?」が出るのは最初のうちだそうです。

いつしか上手になると、ねらってこんな糸にすることが難しくなるのですって。

で、自分は大変な才能があると思った。

いつまでもこんな感じに紡げるという自信。

右は、橋本花衣さん。左が、足立。

完全自己満足の私は、ひなちゃんを探しに放牧場へ。

 

2010年08月05日

〜花を描いてシンプルな小物が素敵に大変身〜「花のトールペイント展」開催中!【8月8日まで】

こんにちは。ペイントクラフト編集部の霜島です。
昨日、平塚で行われている「花のトールペイントと水彩展 検廚帽圓辰討ました。
ペイントクラフトで連載もしていただいている川島詠子さんと、川島さんの教室「フラワーペインティングEIKO KAWASHIMA」の生徒の方々の作品を展示した作品展です。

100805paint_01.jpg

川島さんの作品はどれもきれいな花のデザインがあしらわれた、アイデアあふれるデザインばかり。本格的なトールペイントだけでなく、紙やレースを貼った、簡単でかわいい作品もたくさん展示されています。
そのままでは目に留まらないようなシンプルな箱や布小物が、川島さんの手にかかれば、たちまちに「欲しい!」と思うほどのかわいい雑貨に変身しちゃいます。
作品に合わせて飾られる小物もとてもセンスがよく、インテリアに興味のある方は参考にもなりますよ。
樹脂粘土や絞り出し道具を使った、ケーキのような作品も女子の心をくすぐりますね〜!

100805paint_05.jpg

100805paint_02a.jpg  

100805paint_06.jpg  100805paint_03.jpg

生徒の方々の作品は、素材や色使いに工夫を凝らしたものが多く、川島さんのデザインを上手に自分流へとアレンジしていて、見ていてとても楽しめました。

 

100805paint_04b.jpg  100805paint_04a.jpg

同時展示、川島さんのお父様である、木下一士さんの水彩画も見応えがあります!
見終わると、まるで海外に出かけてきたような満足感、もしくは海外へ行きたくなるような気持ちにさせてくれます。

見応えたっぷりの作品展は8日までです!
ぜひ足を運んでみてくださいね!

 

■開催日時:2010年8月4日〜8日 9:30〜17:00まで(最終日は15:00まで)
■会場:平塚市美術館ギャラリー
■お問い合わせ:TEL.0463-34-8737(木下)/alohaaloha66@msn.com


P.S
会場では『ペイントクラフトno.73』に掲載する作品を早くも御披露目しています。なぜかというと、
ペイントクラフト』では初の試みである、体験会イベントを行うからです!
詳細は川島さんの作品展、または『ペイントクラフトno.73』(2010年9月15日発売予定)でご確認ください。
■体験会のお問い合わせ:ペイントクラフト編集部 TEL.03-5261-5026

 

2010年08月04日

「布と革で作る ずっと使えるバッグ」が7月6日に発売されました! 〜その4〜

NV80139_01.jpg

こんにちは。
編集部の斎藤です。
7月6日に発売された「布と革で作る ずっと使えるバッグ」は、
ご覧になっていただけましたか。

編集スタッフが、
この本の掲載作品に使われているテクニックを応用して、
簡単なミニバッグとミニポーチを作りましたので、
ご紹介いたします。

**************************

2010年08月04日

hinahouse

hinah.jpg

hinahouse (ヒナハウス)

手編みの帽子や雑貨を製作販売しています

 

hinahouseの日本ヴォーグ社掲載出版物

ニットmarche vol.1

ニットmarche vol.2

ニットmarche vol.3

ニットmarche vol.4

ニットmarche vol.5

ニットmarche vol.6

ニットmarche vol.7

ニットmarche vol.8

ニットmarche vol.9

ホームスウィートクラフト vol.6

カントリークラフト vol.51

 

2010年08月04日

Francesca*amam label

ct2010-02.jpg

Francesca*amam label (フランチェスカ*アマン ラベル) 

自分の娘に着せたいふく。シンプルでナチュラル。

そして着る人のスタイルに合わせてくれる。

おとなにもこどもにも優しい素材で毎日にアクセントを+(プラス)。

それがFrancesca*amam labelの洋服です。

 

その他、木工家具や雑貨なども製作販売しております。

amam_1DSC_7360.jpg

はじめまして。

Francesca*amam labelのamam(アマン)です。

日本ヴォーグ社さんの人気イベント『ホーム・クチュリエ』が関西に上陸!

こちらのイベントに参加させて頂きとても光栄に思っております。

 

ホーム・クチュリエには2007年のVol.4からお世話になっているのですが、

いつか関西でもあればいいなぁと常々思っていただけにとても嬉しく思っております。

 

今までは遠く足を運べなかった皆様も是非いらしてください。

本物の作り手さんたちが、素敵な作品を並べていらっしゃいます。

 

足を運ばれた際には是非おしゃべりをしにいらしてくださいね♪

楽しみにお待ちしております^^

 

aman_2DSC_7362.jpg

 

Francesca*amam labelの日本ヴォーグ社掲載出版物

ソーイングpochee vol.8 P28-P31掲載

リネン&コットンと暮らす。vol.5

ホーム スウィート クラフト vol.7

ソーイングpochee vol.7 (2008 spring) 

 

 

2010年08月04日

最終回 こうの早苗のマンスリーキルト(キルトジャパン2010年9月号掲載)

qj201009_01.jpg
撮影/宮下昭徳
一年かけて制作してきた花のストリッピーキルトがいよいよ完成です!
アップリケブロックとストリップ布を交互に縫い合わせたシンプルなデザインですが、動きのある花のアップリケやロマンチックな色使い、周囲のスカラップの丸みが、優しい印象になりました。これまで少しずつ制作してきた方、これから始めようと思っている方などさまざまですが、ぜひチャレンジして素敵なキルトを完成させて下さい。

>>第1回はこちらから
>>第2回はこちらから
>>第3回はこちらから
>>第4回はこちらから
>>第5回はこちらから

2010年08月04日

期間限定! キルトジャパン年間購読キャンペーン

-キャンペーンは終了いたしました-

今までキルトジャパンのお買い求めが不便だった方、
毎号確実に手に入れたい方に年間購読をお勧めします。
お申し込み以降の発売号より1年間、
直接皆様のお手元に本誌をお届けする便利なシステムです。
今ならお申し込みをいただいた方全員に特別プレゼントを差し上げます。
この機会にぜひご利用下さい。

qj_nenkan_campaign.jpg

2010年9月17日までにお申し込みいただいた皆様に
もれなくミニカットクロスセットをプレゼントします。
セットに含まれるのは、9×9cmサイズのコットン布が40枚。
使いやすいトープ系の色合いが魅力のカットクロスです。
茶系を中心にした大きな花柄や植物柄、大柄や小紋柄なども含む
使いやすい便利な色柄です。ピースワークやちょっとしたアップリケに重宝します。

プレゼントのお届けは10月中旬になります。

2010年08月03日

キルトファン必見! 鷲沢玲子さんのセミナー開催のお知らせ

こんにちは。編集部の石上です。
キルトジャパン』でもおなじみの鷲沢玲子さんのセミナーが9月に開催されます。
キルトの歴史から、鷲沢さんご自身のキルトへの思いに触れられるチャンスをぜひお見逃しなく!

 

「キルトと共に歩んで―針跡―」

同じ図形を使っても、配色の変化でまったく違うデザインに見えるパッチワークの不思議さに魅せられます。キルトの原点でもあるアメリカ初期の開拓時代の必需品としてのキルト創りが、物質豊かな現代の日本で趣味と実用という両面を持ち合わせながら文化として育ってきたように思います。
キルトおぶはーとを主宰して、30年が経ちました。
私の生活の中には、いつもパッチワークがありました。初期の頃からのキルトを見ていただきながら、キルトの歴史やキルトへの思い、楽しさ、魅力などをお話したいと思います。

■開催日時:2010年9月9日(木) 11:00〜12:30
■会場:学修院生涯学習センター(東京都豊島区目白1-3-19)
■講師:鷲沢玲子(キルト作家・キルトおぶはーと代表)
■受講料:1,500円(1回)
■お申し込み先:学習院生涯学習センター TEL.03-5992-1040(直通)

2010washizawa01.jpg講師プロフィール
日本大学経済学部卒業。NHK「おしゃれ工房」などに講師として出演。1980年国立の地に「キルトおぶはーと」を主宰。著書「鷲沢玲子のパッチワークキルト入門」「鷲沢玲子のパッチワークキルトHOME キルト」「鷲沢玲子の優美な花のキルティングデザイン集」(日本ヴォーグ社刊)「鷲沢玲子のキルト星に願いを」「鷲沢玲子のキルト赤毛のアンの部屋」(NHK出版刊)、1987年、1990年、以降2年ごとに図録「キルトフェスタ」刊行。

 

 

 

2010年08月03日

糸と針で・・・三種の神器

まかいの牧場 ウール倶楽部

『羊の里親プロジェクト』改め『伝統ニットプロジェクト』に参加している那須まゆみです。

 

そもそも私がこのプロジェクトを知るきっかけとなったのは、

山梨県にある羊毛関連ショップAさんの荷開き祭でした。

年に1度の荷開き祭では、羊の毛丸々1頭ずつで販売をしているのですが、

「元の羊を知っていたら、どんなに愛しいだろうね〜♪」と、

一緒にプロジェクトに参加することになる、中込さんとウットリしてしまったのが運のツキ!?

「そういえば、羊の里親って話を聞いたことがあったな・・・」と

ネット検索をして見つけたのが、『羊の里親プロジェクト』でした。

プロジェクトには4名が参加しています。それぞれの里子たちを紹介します。

DVC00058-1.jpg 静岡県の中村さん:ヒッキー(1才♀)

DVC00036-1.jpg 岐阜県の宮本さん:ラン(2才♀真ん中)

DVC00047-1.jpg 山梨県の中込さん:さくら(1才♀)

DVC00041-1.jpg 山梨県の那須:いぶき(3才♀)

羊って意外と個性的!みーんな顔も体つきも性格も違うんですよ!

牧場内を駆け巡り、撮影をしてきました。

スタッフのみなさんには、お忙しいところご協力いただき、ありがとうございました。

 

ページトップへ