手づくりタウンブログ

  • お気に入りに登録
  • Yahoo!ブックマークに登録

作家リレー

2018年01月16日

クレイクチュール作家リレー 〜 作家リレー第二弾! 第10回 小尾則子さん
日本ヴォーグ社の「クレイクチュール作家リレー第2弾」

こんにちは。
Ecruのnorikoです

クレイクチュールという粘土で何か作品を…というお話を頂き
リレー方式でバトンを繋いでいくをいう方式だそうです

作家リレーはこちら

私がバトンを受け取るのは クレイクチュールの講師でもあるyukaruさんからです
クレイクチュールのプロの方から 全く触るのも初めてという素人の私が繋ぐという落差が凄すぎですが…
初めてでもこんな風に作れます というご紹介が出来ればと思っています。

まず 粘土はこちらの色を用意しました

cc180118_100.jpg

型がいろいろあるので そこにギューっと粘土を押し込みます
そうすると こんなにきれいな形に

cc180118_101.jpg

これなら初心者の私も大丈夫そう

cc180118_102.jpg

いろいろな形が次々出来るので楽しくなってきます

cc180118_103.jpg

型から出したらオーブンで焼いていきます 120℃で20分ほど焼いたら完成です

焼きあがった型から私が作ったものは 帯留め
木で葉っぱを作り粘土で作ったお花をのせてみました

cc180118_104.jpg

いろんな色の物をのせたり 同じ色を並べたり

cc180118_105.jpg

cc180118_106.jpg

可愛く出来上がったので 着物を着るのが楽しみになりそうです

次は Ecru家の長女も参加です
長女は薄く伸ばした粘土に 違う型を使って 余分な部分をカッターで切り取りました

cc180118_107.jpg

cc180118_108.jpg

それを焼いてから手鏡に貼り付けて 色を塗ると…

cc180118_109.jpg


cc180118_110.jpg

粘土も違った雰囲気になりました 素敵な手鏡の完成です

最後に 次女も参加です
次女は手で捏ねて自分で一から形を作りました

cc180118_111.jpg

うさぎさんとりすさん 木で作った人気のブローチと同じ形です
いつもは木を削っているのですが 粘土も削れるか試してみました

cc180118_112.jpg

削りやすそうですね

こんな感じに仕上がりました

cc180118_113.jpg

ピンをつけてブローチにしようかな

今回初めての挑戦でしたけれど 型に入れたり 着色できたり 削れたり 
いろんな手法で作ってみました
いろいろと出来るので作りたいものの幅が広がりそうですね

さて Ecru家からバトンを渡すのは LaGermesの亀井聖子さん
いつも手作業で繊細なフラワーアクセサリーを作っているので どんなものが登場するのかお楽しみに!


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

★小尾則子さんが使用した教材はこちらでご購入いただけます!

一覧はコチラを ≫Click

cc180118_114.jpg

2017年12月27日

*クレイクチュール作家リレー* 〜 作家リレー第二弾! 第八回 Yukaruさん 〜
ご訪問いただきありがとうございます。

小さなお教室でハンドメイドのレッスンやオーダーの作品制作をしております、日本ヴォーグ社クレイクチュール講師の Yukaru です。

大好評だった昨年に続き、11月に始まった日本ヴォーグ社の『クレイクチュール作家リレー 第2弾 』
今年最後の走者を務めさせていただきます!( 走るわけではありませんが…笑 )

今年はクレイクチュールのセミナーを担当させていただくという貴重な体験もさせていただきました。
そして、作家リレーにも参加させていただけるなんて 本当に夢のようです。

(これまでの作家リレーはこちらは →

バトンを下さったのは、・・・

ミニチュアのアクセサリーやハンドメイド雑貨の人気作家 nap*さんからバトンをいただきました。
nap*さんは昨年も参加された 憧れの作家さんなんです!
今回作って下さったのは、とってもとってもかわいいミニチュアのレトロ水筒
ステキな作品を作って下さいました。

うぅ〜。バトンをいただいた私も、気合いを入れなくては!

・・・で、
こんなの作ってみましたよ!

クレイクチュールでつくる『テーブルウェア』

cc180107_001.jpg


材料は・・・

家庭用オーブンで焼いて硬化する 樹脂粘土「ポリマークレイPremo!(プレモ)」

クレイはめん棒でも伸ばす事ができますが、今回はミキシングマシーンを使って楽させていただきま〜す。

cc180107_002.jpg

そして、抜き型 
今日は お花の形のブランジャーカッターを使いますね。

cc180107_003.jpg

クレイはホワイトとホワイトグリッターを混ぜて→伸ばして→ お花の型を沢山抜いておきます。


cc180107_004.jpg

まずは、ナプキンリングを作ります。

グレーのクレイを 約 2僉17 のリボン状にカットして、キッチンペーパーの芯に ぐるり!と巻いて、白い小花をチョンチョンと乗せます。
簡単〜〜!

cc180107_005.jpg


次にカトラリーレストを作ります。
同じくグレーのリボン状クレイを折り畳んで、上に小花を並べて行きます。

本当に簡単〜〜!

cc180107_006.jpg

120℃に予熱しておいた家庭用オーブンで、20分焼きます。

120℃のオーブンに入れてもキッチンペーパーの芯は燃えませんので、安心して焼いちゃって下さいね。

cc180107_007.jpg



ナプキンリングとカトラリーレストの出来上がりです!

cc180107_008.jpg


次は、某洋菓子店の耐熱ガラスのプリンカップをリメイクしたキャンドルホルダーを作ってみます。

焼成すると透明感のでる トランスルーセントというクレイを使います。
cc180107_009.jpg


薄く伸ばしたクレイでグラス全体を包んで、端はカットしておきます。
花型を押し付けて お花の形を抜き取ります。

cc180107_010.jpg


もう一つ、背の低いキャンドルホルダーに 竹串などで切り取ったクレイの花びらにフリルを付けながら貼り付けていきます。

cc180107_011.jpg

120℃のオーブンで20分焼いて完成!
花型で抜いたお花をペタペタと貼っただけのキャンドルホルダーもかわいい(写真左)
ストライプのリボンもクレイなんですよ。

cc180107_012.jpg


もう、ここまで来ると楽しくなり過ぎて、いろんなモノをデコりたくなる 「デコり病」が顔を出します。
もう一点、作っちゃいます!

市販のガラス製ペッパーミルの中身を出して、クレイでリボンとお花の飾りつけ。

cc180107_013.jpg

ね〜!
オリジナルのかわいいペッパーミルの完成です。

cc180107_014.jpg


さあ〜!パーティーの始まりです

cc180107_015.jpg


クレイクチュールは ・・・
世界で一つだけのオリジナル作品を簡単に作る事が出来るクラフトなのです!

クレイクチュールもっと知りたい!という方は、こちらを覗いてみて下さいね 。→


次回 2018年1月の作家リレーは、ヴォーグ学園東京校で講師も務められていらっしゃる 布作家の小尾則子さんです。
ご家族みなさんがクリエイターさんで、木工やイラストを使ったコラボ作品も制作されています。

どんなクレイクチュールの世界が見られるのか、今から楽しみです〜


今回は私のブログ史上 1番長いものになりました(笑)
最後までお付き合い下さり、ありがとうございました!




YukaruのInstagram →




・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


★yukaruさんが使用した教材はこちらでご購入いただけます!

一覧はコチラを ≫Click

cc180107_capture.jpg

2017年12月22日

クレイクチュール × 革のミニチュア レトロ水筒 〜 作家リレー第二弾! 第八回 nap*さん
こんにちは、nap*です。

毎週水曜日に更新されているクレイクチュールリレーに今年も参加させていただきます。
年(2016年)の第一弾も参加させていただきましたクレクチュリレー。
今年(2017年)の第二弾はメンバーも増え、さらにパワーアップしています!!

昨年に引き続き、大人気の豆本作家の Lucileさん からバトンを受け取りました。
ありがとうございます

Lucileさんの作られる小さな豆本は外側だけではなく中身まで繊細に作られていて、とっても可愛い作品ばかり。

Lucileさんの可愛い豆本の後は、プレモ × 革 でミニチュアのレトロな水筒を作ってみようと思います。

20171221_001.jpg

準備するもの。

・Premo!(プレモ)オーブンで焼くと固まる粘土
・めん棒
・カッター、ハサミ
・下敷き
・目打ち
・小さなバックル、丸カン
・速乾ボンド
・革ひも
・ハイピック
・アクリル絵の具
など

まずはシルバーのレトロ水筒を作ってみましょう!

20171221_002.jpg

シルバーのプレモを手でコロコロ転がしまるめる

20171221_003.jpg

めん棒で押しながら楕円形にする

20171221_004.jpg

形を整えたら、ふたの部分に目打ちで穴をあける

20171221_005.jpg

ふた(ハイピック)のネジをくるくる回しながら埋め込む

20171221_006.jpg

ふた(ハイピック)をはずす

++++++++++++++++++++++++++++++++++++

単色のほかにも、3色のクレイを混ぜて迷彩柄にも挑戦してみました。
(初めてなので、うまくできるのかな?)
パスタを作るマシーンのようなもので、三色のプレモを極薄に伸ばす

20171221_007.jpg

スパニッシュオリーブ、ライノーグレー、ブラックの三色を混ぜる

20171221_008.jpg

極薄に伸ばしたプレモを丸めて形を整える

20171221_009.jpg

先ほどと同様に穴をあける
(他の粘土は乾くと多少縮みますが、プレモは焼いてもほとんど縮まないので、ネジ穴も縮まないのでそのままネジがさせます)

20171221_010.jpg

オーブンにクッキングシートを敷いて並べて(今回はくっつかないホイルを使用)
120℃のオーブンで20焼く

20171221_011.jpg

焼き上がりはとても熱いので火傷に注意しましょう!!
冷めたら、ふた(ハイピック)にアクリル絵の具で色を塗り、本体に差し込み、革に金具をつけてボンドで貼り付けたら出来上がり!!
こちらはシルバーとゴールドの水筒

20171221_012.jpg

迷彩柄風?水筒(迷彩柄に見えるかは微妙なのですが、初めてということでなにとぞお許しください)

20171221_013.jpg

こちらはカーキ(スパニッシュオリーブ)とブラックの水筒(ちょっと男前なかんじ)

20171221_014.jpg

チェーンをつければネックレスにもなります。

20171221_015.jpg

20171221_016.jpg

我が家の1/6サイズのドールに持たせてみました。
顔出しNGなので、顔から下だけ!というのは冗談ですが、画面に入りきらないので今回も首から下だけ。(笑)

20171221_017.jpg

ネックレス用の長さにしてしまいましたが、ドールに斜めがけで持たせる場合はもう少し革ひもを長めにした方がよさそうですね。


++++++++++

クレイクチュール作家リレー、
次回は 12月27日(水)yukaru さんにバトンを渡します!
どうぞよろしくお願いします!

人気のキャンドルやフラワーケーキなどを幅広く学べるお教室も主催され、クレイクチュールの講師でもありますyukaru さん。

yukaruさんのブログはこちらです。
https://ameblo.jp/yukaru906

来週の水曜日が待ち遠しいですね!!^ - ^
ぜひご覧くださいませ。

★クレイクチュールとは??
クラフト用樹脂粘土(ポリマークレイ)のPremo!を使った新しいクレイクラフト。
120℃のオーブンで20分焼くと固くなります。

もっと詳しく知りたい方はこちらへ → 
(ヴォーグ社さんのクレイクチュールHP:こちらで材料やお道具も購入可能です)


クレイクチュール作家リレー → 

最後まで見ていただき、ありがとうございました。



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


★nap*さんが使用した教材はこちらでご購入いただけます!
一覧はコチラを ≫Click

20171221_018.jpg

2017年12月18日

クレイクチュール×豆本 クレイクチュール作家リレー第2弾 〜 作家リレー第二弾! 第七回 Lucileさん 〜
20171220_001.jpg

こんにちは(^^) Lucile(ルシール)です。

昨年参加させていただいたクレイクチュール作家リレーに、今年も参加させていただくことになりました。

毎週錚々たる作家さん方がクレイクチュールを使ってオリジナル作品を作っていくリレー。

今年は、なんと!日本ヴォーグ社クレイクチュール本部講師である、ポリマークレイ、手織り、手編みを楽しむ教室の「ソフィアシャイニー」を主宰されている
野上京子先生からのバトンです。

先生からのバトン、しかも昨年は娘の夏休み工作だったので、今回はかなりのプレッシャーです。

クレイクチュール×豆本

粘土だからといって読めない本は作りたくない。。

ならばと表紙をクレイクチュールで作ってみることに。

20171220_002.jpg

前回は夏でしたが、今回は冬なので、機械をおかりました。

これが手でこねるよりも綺麗に早くて楽しくなっちゃいます。

20171220_003.jpg

1mm弱の厚みに伸ばした粘土にキルティングスタンプシートを使って型押し。

20171220_004.jpg

それをスライサーを使って豆本の表紙の大きさにカット。

20171220_005.jpg

エンブレムモチーフのモールドでパーツ作りも。


20171220_006.jpg

何枚か作ったところで、オーブンで焼きます。(今回は130℃20分。表紙を取り出したあと、パーツだけは130℃10分追加で焼きました)

20171220_007.jpg

パーツはアクリル絵の具で軽〜く金色をのせてみました。

20171220_008.jpg

後から色をつけることも出来るので、便利ですよね。

20171220_009.jpg

出来上がったものを豆本に仕立てて完成です!!

背表紙には山羊革を使用。ドイツ装という製本の仕方です。

20171220_010.jpg

今回は使ったのがスフレという樹脂粘土。

昨年使ったプレモよりも軽く仕上がり、表面が滑らかにマットになるということで、革との相性ばっちりです。

どちらも焼成するまでは固まらないので、時間を気にせずに成形できるのがいいですよね。

20171220_011.jpg

黒の表紙はこちらの画像のスフレのポピーシードを単色で。

茶色の表紙はプレモのバーントアンバーとスフレのカウボーイを同量混ぜたものを使いました。

20171220_012.jpg


黒のエンブレム付きの方はネックレスにしてみました。

着用感はいつもの布装や革装と変わらず軽くてよいですよ。

そして、こちらの中身はTOP画像の「宝島」です。

クレイクチュール×豆本

どうなることかと思いましたが、お気に入りの豆本が出来ました。
まだまだいろいろと表紙に使えそうなので、またトライしてみますね。



☆☆☆次回は12月20日公開予定☆☆☆
可愛い革のミニチュアアクセサリーで有名なnap*さんです → 
nap*さんも昨年のリレーに参加されてますので、今年はどんなのを作られるのか私も楽しみです


★クレイクチュールとは??
クラフト用樹脂粘土(ポリマークレイ)のPremo!を使った新しいクレイクラフト。
130℃のオーブンで30分焼くと固くなります。

もっと詳しく知りたい方はこちらへ → 
(ヴォーグ社のクレイクチュールHP:こちらで材料やお道具も購入可能です)


クレイクチュール作家リレー → 


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

Lucileさんが使用した教材はこちらでご購入いただけます!

一覧はコチラを ≫Click


20171220_capture.jpg

2017年12月18日

クレイクチュール 作家リレー 〜 作家リレー第二弾! 第六回 野上京子さん 〜
Sophia Shinny
ご訪問ありがとうございます

クレイクチュール作家リレーのバトンが  大人気のDIYクリエイター 
夏目あや子さんから 回ってきました

http://natsumekan.blog.jp/archives/22505005.html

バスケットにプレート
引き出しの取っ手
日々の生活が楽しくなりますね
私もやってみま〜す

作家リレーのお話をいただいた同じ頃
「ビーズfriend」の掲載のお話もあり
なにを作ろうか平行作業してました(^^)

20171218_001.jpg

ビーズfriendにはこちらのブローチの作り方が、載っています 

作ってみて下さいね(^^)

20171218_002.jpg


クレイクチュールを体験してみたい方
来年2/15
日本ヴォーグ社にて
ワークショップ開催ます
ご参加お待ちしています
20171218_003.jpg
ブローチ作りましょう!

アレンジいろいろできるブローチです(^^)

掲載にあたり色々な試作しました

20171218_004.jpg

色を変えてだけで

楽しめます〜

冬号なので掲載はシルバー

これらのパーツでネックレスって
いかがでしょうか〜

20171218_005.jpg


20171218_006.jpg

材料はプレモを使っています
色数も多く、絵の具のようにまぜられる
表現豊かな素材〜大好きです

パウダーで更に表現力アップします

さて今度は何を作ろうか〜
丸めただけでも、可愛いいビーズ

20171218_007.jpg



気になっていたモールドを使って 

20171218_008.jpg

とりあえず、抜いてみました!
金属ぽく見える部分もプレモです

石の部分微妙に色変えましたが
微妙すぎました(^^;)
写真では全部同じ色に見えます

パーツになりそうなので(^^)

手持ちのレース〜

チクチク手縫い

衿作って

パーツ乗せてみました

20171218_009.jpg


もう少しアレンジしたい♪

追加パーツ焼成(^^)

そして  ピンバッチとイヤリング
にしてみました

20171218_010.jpg



付けて見るとこんな感じです


20171218_011.jpg

サイズ調整できるので
お子さん の ワンピースの飾り衿に
どうかしら〜 
娘は大学生 、、、もう一度小さくならないかしら(^^)

ピンブローチ
気分に応じて 取り外せます♪

ニットの棒タイ見つけた
使えるかしら?

20171218_012.jpg

不思議なネックレスと合わせたら?

20171218_013.jpg

いろいろアレンジしていると
やめられなくなります(^^)

パープルづくしになってしまいました
なんだか、そんな気分でした

作りたい物、まだまだ沢山あります

止まらなくなりそうなので

次の方にバトンをお渡しいたします
読んでいただきありがとうございました(^^)

次の方は  人気豆本作家のLucileさんです
素敵なアクセサリーも作られる
すごい方です。http://lucile32.exblog.jp/.
Lucileさん宜しくお願いいたします!


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

★今回紹介されている作品が作れるワークショップを開催いたします!
詳しくはコチラを ≫Click
ブログを見てくださった方限定の参加割引特典も!


ページトップへ