日本ヴォーグ社 初秋号の材料セットは? ご購読のご案内はこちら
手づくり手帖 特集「英国。手仕事の心」
『手づくり手帖』は年4回発売の季刊誌です。
 初冬号(2017年11月17日)のあとは、2018年2月、5月、8月に、手づくり総合誌+作品の材料セットをあなたのご自宅にお届けします。※地域により、発売日後の数日後となる場合があります。
お申し込みはこちら
初冬号の材料セットはニット&クロッシェデザイナーの風工房 服田洋子さんがデザイン・監修「編み込み模様のリストウォーマー」
手首を温め、冬の着こなしのスパイスになってくれるリストウォーマー。大人が憧れ、身に着けたいと思えるニットウエアに定評がある、風工房こと服田洋子さんがデザインしてくれました。セットには棒針も含まれているので、すぐに取り掛かれます。
年間購読(4号分一括払い)8,640円 (1冊あたり2,160円) 1号ずつのお求めも可能です2,484円(単号購読) ※価格はいずれも消費税込み・送料無料 (小社負担)です。
※本のみ、材料セットのみの販売はありません。
年間購読お申し込み特典

[巻頭特集]冬に楽しむ手作り

寒い季節でも、心はほっこりとなごませてくれるような手づくりをご紹介します。風工房 服田洋子さんによる素敵なニットの数々は、プルオーバーやカーディガン、帽子、マフラーなどをアラン模様やフェアアイルなどのさまざまなデザインでお楽しみいただきます。また、花岡瞳さんによるウールのパッチワーク、古川真貴子さんのビーズ刺しゅう、古木明美さんの紙バンドで作る北欧風バスケットや、和布細工の花袋、雪の結晶モチーフのクラフトなど、冬の日にじっくりと取り組みたい手づくりを満載してお届けします。 写真

おとなの学校

写真

人気テーマ「おとなの学校」

毛糸で作った「ぽんぽん」をベースに、ふわふわ・もこもこのかわいい動物を作っているtrikotri(とりことり)さんが先生です。題材は、来年の干支である犬が鏡餅に扮装した姿! 愛くるしいぽんぽん犬を飾って、新年を迎えませんか?


初冬号の材料セットはニット&クロッシェデザイナーの風工房 服田洋子さんがデザイン・監修「編み込み模様のリストウォーマー」

4色の毛糸で、フェアアイル風の模様を編み込んでいくリストウォーマーを作りましょう。4本棒針もセットに含まれるので、編み物が初めての方でも大丈夫。編み方も詳しく解説します。

※写真はイメージです。
※一部内容が変更になる場合があります。
※小道具はセットに含まれません。

写真:「編み込み模様のリストウォーマー」

<読み物>

つくりびと知らず トワル・ド・ジュイの世界

永島聡美

手仕事を訪ねてアンティークスタイルの裁縫道具で贅沢なひとときを


美の集まる場所を訪ねて 横浜 人形の家

<人物取材>

刺しゅう作家 平井陽子さんと陶磁器修復家 白鳥由加利さん

作家のものづくりへの想いや、創作のポリシーをインタビュー。
左/刺しゅう作家 平井陽子さん
右/陶磁器修復家 白鳥由加利さん

<いろいろな手づくり>

ソーイングは香田あおいさんによるウールのセットアップ。年末年始のお出掛けにちょうどいいプルオーバーとパンツのセットです。石井せつ子さんのキッチン染めは、紅茶やハーブティーを使ってキッチンで気軽にできる染めを提案。ほかにも菅原順子さんデザインのアイディアいっぱいのポーチや、越膳夕香さんのショルダーバッグなど、魅力的な手づくりが満載。平野恵理子さんのイラストエッセイ「手づくり懐かし帖」、長田なおさんの「折って知る日本のならわし」の連載も始まります。

写真

<連載>

赤木明登「美しきもの」-年輪と宇宙
生西晃子「心身のケアに役立つアロマテラピー」
近藤佳代「季節の刺しゅう 初冬」
スズキエミ「おかずのもと 常備菜」-自家製みそとアレンジ料理
能澤慧子「ファッション史のアナザーストーリー」-高い靴、小さい靴
村西恵津「季節を映すモダン絵手紙」
山田香織「小さな盆栽を楽しむ」
吉岡幸雄「五感の調べ」-雪のかたち 氷の色

※内容・タイトルなどは予告なく変更となる場合があります。

<次号の予告>

写真:《材料セット》

Vol.16 2018年初可春号(2月17日発売予定)