日本ヴォーグ社 初夏号の材料セットは? ご購読のご案内はこちら
涼やかな手仕事
『手づくり手帖』は年4回発売の季刊誌です。
 初夏号(2018年5月17日)のあとは、2018年8月、11月、2019年2月に、手づくり総合誌+作品の材料セットをあなたのご自宅にお届けします。※地域により、発売日後の数日後となる場合があります。
お申し込みはこちら
初夏の材料セットは盛本知子さんデザインが監修をした「タティングのシャトル」と小花のモチーフが
作れる白の「レース糸」 最近はアクセサリーやブローチにしたりと人気が再燃しているタティングレースにチャレンジできる材料セットです。練習用の少し太い「レース糸」もセットでついていますので、初心者の方も安心してスタートできます。
年間購読(4号分一括払い)8,000円 (1冊あたり2,000円) 1号ずつのお求めも可能です2,300円(単号購読) ※価格はいずれも消費税抜き・送料無料 (小社負担)です。
※本のみ、材料セットのみの販売はありません。
年間購読お申し込み特典

涼やかな手仕事

涼やかな手仕事を大特集。巻頭特集では、昨今再び注目を集めているタティングレースを作家の盛本知子さんにたっぷりと見せていただきます。第二特集の『おとなの学校』では、五十嵐富美さんによるスウェーデン刺しゅうが登場。刺しゅう糸の重なりが、美しいグラデーション効果を演出してくれます。連載『手の人』ではデザイナーの香田あおいさん、刺しゅう作家のなかむらあつこさんにお話しを伺いました。ほか、佐藤ちひろさんのデンマークの白糸刺しゅう、小西春江さんの着物地で楽しむ夏のれん、坪内史子さんのグルー・アクセサリー、林伴子さんのハワイアンキルトなど、初夏を彩る手づくりアイテムをたっぷりご紹介します。 写真

おとなの学校

写真

Lesson14となる今回は日本生まれのスウェーデン刺しゅうを五十嵐富美さんに教わります。織り物のように見えながら実は刺しゅう、というのがスウェーデン刺しゅう。布地の織り糸を階段の上り下りのように、すくって刺し進める刺しゅうです。最近、この幾何学的な模様が注目を集めており、バッグやブローチ、インテリアとして楽しむ方が増えています。


初夏の材料セットは盛本知子さんデザインが監修をした「タティングのシャトル」と小花のモチーフが
作れる白の「レース糸」

初夏の材料セットは盛本知子さんがデザインした「タティングのシャトル」と小花のモチーフが作れる白の「レース糸」です。練習用の少し太い「レース糸」もセットでついています。初心者の方も安心の作り方レシピもご紹介しています。

写真:「タティングのシャトル」「レース糸」

<読み物>

手仕事を訪ねて300年以上続く、広島針の伝統から生まれたこだわりの手縫い針、レース針、かぎ針


つくりびと知らず アンティークレース Diane Claeyさん


美の集まる場所を訪ねて 切手の博物館

<人物取材>

レース編み作家 ルナヘヴンリィ 中里華奈さんと刺しゅう作家 近藤佳代さん

左/洋服は作って楽しい、着てうれしいに限る 香田あおいさん
右/立体のクロスステッチで刺しゅうに遊び心を添えて なかむらあつこさん

<いろいろな手づくり>

ソーイングは植田朋子さんに形の美しいチュニックとブラウスを作ってもらいました。
菅原順子さんのヘキサゴンのクラッチBag、布施知子さんによる夏のおりがみ箱など、今月号もさまざまな手づくりアイテムが登場します。

写真

<連載>

八幡垣睦子「季節のアップリケ 初夏」
生西晃子「心身のケアに役立つアロマテラピー」むくみ対策
長田なお「折って知る日本のならわし」かいしき
植田朋子「洋裁日和」シンプルチュニック
スズキエミ「季節のおかず」アボガド、トマト、ピーマンを使って
平野恵理子「手づくり懐かし帖」カーテンを縫う
山田香織「小さな盆栽を楽しむ」
心から形へ(17) 美しきもの「消えてゆくもの」 赤木明登
吉岡幸雄「甦る天平の彩 伎楽」

※内容・タイトルなどは予告なく変更となる場合があります。

<次号の予告>

写真:《材料セット》

Vol.18 2018年初夏号(8月17日発売予定)