手芸の基本のき レカンフラワー

新着情報

押し花とは

レカンとは、フランス語で「宝石箱」の意味です。
自然の花や葉を立体状態で乾燥させています。多様なアレンジが可能で、額装内での特殊技術により、退色を食い止め、長く楽しむことができ、花の宝石箱のようにお楽しみいただけます。

杉野宣雄

レカンフラワーとはボタニックアートを提唱する杉野宣雄先生が開発したものです。

杉野宣雄 -Nobuo Sugino-

花界のトップアーティスト。全米最大の花の祭典「フィラデルフィアフラワーショー」の押し花コンテストで1997年日本人初の金賞受賞。
翌年は、グランプリの快挙を達成。全国の美術館や大手百貨店で展覧会を開催している。
ふしぎな花倶楽部副会長・世界押花芸術協会会長・福岡県大牟田市生まれ。横浜市在住。

フラワーボックス

フラワーボックス

立体のまま乾燥仕上げしたレカンフラワーを使用した、美しいフラワーボックスです。

ジュエルサンド(特殊細球状のシリカゲル)を使用すると、生花のような自然な仕上がりに!

フラワーコラージュ

押し花をあしらった
ポストカード

お好きなペーパーやリボン、ご自身のクラフト作品と組み合わせると、デザインのバリエーションが広がります。

アレンジもアイデア次第!創作意欲がかきたてられます

動画で見るレカンフラワー

初めての方も安心!乾燥技術や保存技術の進歩により、お花の色をそのままに長く楽しめる方法をご紹介します。

動画

お花を乾燥させる

お庭やベランダに咲いているお花を、かんたんに乾燥することが出来ます。 電子レンジを使用すればわずか数分で素敵なレカンフラワーになります。

  • この他にもレカンフラワーの動画をご用意しました
    その他の動画はこちら >>
  • レカンフラワーの動画レッスン

レカンフラワーを学ぼう

レカンフラワーの教室ガイド

  • レカンフラワーの教室について
    もっと詳しい情報はこちら >>
  • 押し花を習うには

自宅の近くで教室検索

ページトップへ