用具・材料

用具・材料

パッチワークをはじめようと思った時、どんな道具を揃えたらいいのか迷ってしまいますね。まずは基本の用具・材料ページをご覧ください。基本用具をチェックしたら、パッチワークに必要な道具を揃えます。シンブルや針はいくつか使ってみて、はじめて自分に合ったものが見つかります。特別な決まりは無いので、やりながら必要となったときにご自分に合った用具を買い足すと良いでしょう。

針:ピーシング針(縫い針)/キルティング針/キルトしつけ針/パッチワークまち針

ピースワークを縫う時には抜けのよい細めの針が向いています。キルティング針は針目を細かく、三層を縫うので、短めのしっかりしたものを選びます。また、しつけをする時に便利なのが、キルトしつけ針。長くて布通りがいいので、キルト綿をはさんで厚くなった状態のものでもしっかりすくえます。まち針は作業の邪魔にならない頭が小さいものを選びましょう。

ピーシング針(縫い針)【ピーシング針(縫い針)】

キルティング針【キルティング針】

キルトしつけ針【キルトしつけ針】

パッチワークまち針【パッチワークまち針】

ピーシングやアップリケにはポリエステル100%のものを、キルティングにはポリエステルと綿の混紡が良いでしょう。また、両用に使えるものもあるので、用途に合わせて糸の色や材質を選んでください。

糸

糸

パッチワークボード

パッチワークボード【パッチワークボード】

パッチワークボードはパッチワークをする時に大変便利な用具です。ピースの印つけにはサンドペーパーのある面を使用すると布がしっかり固定されます。反対側には方眼の入ったカッターマット、表側はアイロン台になっていて、パッチワークの細かい作業が楽にこなせます。

シンブル

シンブルはキルティングをする時、指を保護するために使います。キルティングのやり方は人によって違います。針を押す部分とそれを受ける指、あるいは針をすくうために滑り止めのためにつけるシンブルがあります。ご自分の用途と指に合うサイズのシンブルを選びましょう。

シンブル

シンブル

シンブル

シンブル

シンブル

フープ

フープ【フープ】

円形のほかに楕円形、半円形といろいろあり、サイズも豊富です。ご自分の好みで選べますが、はじめてでしたら円形の40cm以上のものをおすすめします。使用の際は、ピンと張りすぎず適度なゆるみをもたせてください。

キルト綿

キルト綿【キルト綿】

キルト綿にはいろいろな種類があります。厚手・薄手タイプ、裏側にネットが貼ってあるドミット芯、アイロンの熱で溶ける接着剤がついている接着キルト綿などがあります。お好みの仕上がりと目的に合わせて選んでください。

参考図書

  • 「基礎シリーズ ソーイング」 日本ヴォーグ社刊
  • ソーイングpochee vol.1」 日本ヴォーグ社刊
  • 「Start Series はじめてのパッチワーク 四角つなぎ」 日本ヴォーグ社刊
  • 「Start Series はじめてのパッチワーク ハワイアンキルト」 日本ヴォーグ社刊