縫い方の基本

指先でする場合と、針先でする場合

 

 

一般的な縫い方で、2枚の布を表裏同じ針目で真っすぐ縫います。

ひと針ずつ返しながら針目の間をあけずに縫う縫い方です。

ひと針進んで半針返しながら縫う縫い方です。

ほつれやすい布や薄地に適した縫い方です。

縫い目が丈夫な縫い方で、シャツや子供服など洗濯回数の多いものに向いています。

裁ち目が隠れ、薄くきれいに仕上がるので、厚地やタオル地などのほつれやすい布地に向いています。

手づくりタウン関連コンテンツ

手づくりタウン特集

あなたらしく、あたらしく、はじめませんか?
春のホームクチュリエ
ちょっとした手作りで毎日を装うホームクチュリエは、ぬくもりあふれるステキな暮らしを演出します。みなさんもそんな暮らしをはじめてみませんか?
詳細はこちら

手づくりタウン特集

手づくりレシピ

手づくりタウン会員(登録無料)になると、刺しゅう図案や型紙を無料でダウンロードできます。
詳細はこちら

手づくりレシピ