日本ヴォーグ社 キルト塾

  • キルト塾TOP
  • お知らせ
  • クラのス紹介
  • お申し込みについて

キルト塾からのお知らせ

2016年3月9日

小関鈴子先生による、スペシャル・ワークショップ『Sashikoミシン研究会』が開催されました!

粋でモダンな配色で定評のある小関鈴子先生によるスペシャル・ワークショップが1月27日ヴォーグビル12階大ホールにて開催されました。

刺し子ミシンはキルターに新しい表現を与えてくれるツールとして大注目です。そのステッチは優しく、いろいろな可能性にあふれています。今回は小関先生デザインのバッグを、刺し子ミシンを使って制作しました。

小関鈴子先生による、スペシャル・ワークショップ『Sashikoミシン研究会』

定員は限定30名様限りで募集しましたが、すぐに満席となりキャンセル待ちの方が多くいらっしゃいましたので、小関先生とミシンメーカーさんにお願いして40名で開催することになりました。会場には刺し子ミシンが20台、縫い合わせるためのミシンが20台、参加者が40名と、大ホールは熱気に包まれました。

小関鈴子先生による、スペシャル・ワークショップ『Sashikoミシン研究会』

ミシンは、株式会社ジューキさんがご用意くださいました。また、刺し子ミシンを開発・製作している株式会社 鈴木製作所さんが、山形から3名も駆けつけてくださいました。

そして、ウラガ・ソーイングプランニング株式会社の浦賀静登さんが全面協力してくださいました。

小関鈴子先生による、スペシャル・ワークショップ『Sashikoミシン研究会』

刺し子ミシンの可能性は大きく、今後活躍の場を増やすことでしょう。キルト塾でも、小関鈴子先生と一緒に研究して、キルト創作に生かす特別クラスを新設します。今後をお楽しみに!

小関鈴子先生による、スペシャル・ワークショップ『Sashikoミシン研究会』

最後に集合写真を撮りました。全員刺し子ミシンはかけ終わり、バッグに仕立てるだけになっています。ご自宅に帰って完成させてくださいね。
皆様お疲れ様でした。ご参加ありがとうございました。

arrow お知らせTOPへ

ページトップへ