日本ヴォーグ社 キルト塾

 

  • キルト塾TOP
  • お知らせ
  • クラのス紹介
  • お申し込みについて

キルト塾からのお知らせ

大好評で継続中! キルト塾 スペシャル講座

キルト創作におけるアイディアソースの見つけ方とキルトへの表現
「自分の作風を作る」

自分と異なる考え方を知ることで触発され、思わぬ境地を開くことがたくさんあります。そんなキルト創りにまい進してきた日本の超トップクラスの作家に、今だからこそ語れる、未来に向けて伝えたい奥義を伝授していただく、かつてない特別なセミナーです。
1・2回目の秦泉寺由子先生、3・4回目の黒羽志寿子先生のセミナーでは、かつて語られることのなかったキルト創作の興味深いお話に加え、セミナールームには毎回違う作品や資料がたくさん飾られ、熱いセミナーに大興奮!思いもしなかったデザインソースやアイディアに刺激されています。 お申込みは今からでも間に合います。ぜひご参加ください。

  • 開催日・講師
    回数 開催日 講師
    1・2 4月8日(土)・5月13日(土) 秦泉寺由子 先生
    3・4 6月10日(土)・7月22日(土) 黒羽志寿子 先生
    5・6 9月9日(土)・10月21日(土) 松浦香苗 先生
    7・8 11月11日(土)・12月16日(土) 岡野栄子 先生
    9・10 2月3日(土)・3月10日(土) 鷲沢玲子 先生
  • セミナー内容 <5回目・6回目 9月9日(土)・10月21日(土)>

    『布と遊ぶ』

    5回目・6回目は松浦香苗 先生です。

    ●1日目

    第1部(講義)キルトに惹かれて…なぜキルトに?
    第2部(講義)私のキルト作り…柄と遊ぶ
    第3部(ワークショップ)気に入っているがどう使ったら良いか分からないご自分の布を用い、その柄を生かしたパターンや、ミニタペストリーのデザインを考えます。
    ※次回のワークショップのための材料費 4,320円

    ●2日目

    第1部(講義)私のキルト作り…色と遊ぶ
    第2部(ワークショップ)アメリカンヴィンテージの布セットを使用し、色の生かし方を学びます。
    第3部まとめ 自分の作風を作るということ 今、伝えたいこと

  • 時間

    10:30~15:30(お昼休み1時間含む)

  • 場所

    ヴォーグビル(中野富士見町)2階セミナールーム

  • 受講料

    1回コース(2か月)23,000円(税込)
    ※教材費は含みません。

  • 定員

    限定30名様

  • お申し込み

    キルト塾事務局
    〒164-8705 東京都中野区弥生町5丁目6番11号 ヴォーグビル
    株式会社日本ヴォーグ社 キルト塾 事務局
    TEL:03-3383-0613 FAX:03-3383-0614
    E-mail:jqc@tezukuritown.com
    http://www.tezukuritown.com/quilt-juku/

講師紹介

松浦香苗 先生

中学時代から自分の洋服を縫い始め、大好きな布で何かを作ることが生活の一部となる。1971年、雑誌『装苑』『ミセス』にて手芸作品を発表。1976年から雑誌『nonno』でヨーロッパの手仕事を取材してまわる。1979年に『わたしのパッチワーク』(文化出版局)を出版。1985年東京・銀座和光ホールにて「松浦香苗のパッチワークキルト展」を開催後、各地にてパッチワーク展を開催。色合わせと柄を楽しむ作品には長年のファンも多い。長期にわたり集めたアメリカやヨーロッパのヴィンテージ・ファブリックを通して、それぞれの時代の手仕事を伝え紹介している。東京・東急百貨店本店では、2002年より定期的にイベントを開催。東京と京都でパッチワーク教室を主宰。著書は『今、キルトを作る幸せ』(文化出版局)『布とおしゃべり』(日本ヴォーグ社)など多数。


サンプラーキルト62cm×62cm
キルトジャパン148号掲載作品

arrow お知らせTOPへ

ページトップへ