手芸を楽しむウェブサイト 手づくりタウン

世界の子どもたちへ編み物作品を贈ろうプロジェクト

アフガニスタンのストリート・チルドレンの子どもたちへの配布

─2016年12月─

アフガニスタンのヘラートは冬の寒さが厳しいところで、気温はマイナス10℃にまで下がります。
しかし、多くの家庭では、厳しい経済状況から、暖かい服や小物を子どもたちに買い与えることができません。
2011年の調査(DoLSA)では、ヘラート市街で働くストリート・チルドレンの数は約5,000~7,000人とみられ、そのうち65%が8~13歳の子どもたちでした。
現在その数は、約8,000~10,000人にまで増加しています。

世界の子どもたちへ編み物作品を贈ろうプロジェクト アフガニスタンのストリート・チルドレンの子どもたちへの配布─2016年12月─

貧困に起因する多くの困難に直面する子どもたちにとって、厳しい冬はさらに過酷な状況を招きます。
多くの子どもたちが暖かい衣類や家がないために、厳しい寒さが原因で病気になってしまったり、不幸にも命を落としてしまうこともあります。

世界の子どもたちへ編み物作品を贈ろうプロジェクト アフガニスタンのストリート・チルドレンの子どもたちへの配布─2016年12月─

この厳しい状況にかんがみ、2016年度の「世界の子どもへ手編み作品を贈ろう」プロジェクトは、初めてアフガニスタンの子どもたちを支援先として実施いたしました。
日本の皆さまにお寄せいただいた、1,427枚の手編みのセーター、27枚のベスト、2,257枚の帽子、2,017枚のマフラー、3組の手袋を、2016年12月末にアフガニスタンのヘラート市で、ワールド・ビジョン・アフガニスタンが運営するストリート・チルドレン・センターに届けました。

世界の子どもたちへ編み物作品を贈ろうプロジェクト アフガニスタンのストリート・チルドレンの子どもたちへの配布─2016年12月─

この日本の人々からの贈り物は、子どもたちを厳しい寒さから守り、そして彼らの命を守っています。

子どもたちは色とりどりの暖かそうな手編み衣料を目にしてとても嬉しそうです。

「これを私に?なんてきれいなの!着てもいい?」ストリート・チルドレンの少女のひとり、ゾハルちゃんが尋ねます。
ゾハルちゃんは、誰かが彼女のために温かい素敵なセーターをプレゼントしてくれたことが信じられない!という様子で顔を輝かせています。

世界の子どもたちへ編み物作品を贈ろうプロジェクト アフガニスタンのストリート・チルドレンの子どもたちへの配布─2016年12月─

「このラベルにはなんて書いてあるの?英語だから、僕、読めないんだ。先生、教えて。」一人の男の子が尋ねました。
「このラベルには、このセーターを編んで、あなたにプレゼントしてくれた人の名前が書いてあるのよ。」ストリート・チルドレンのカウンセラーの先生が答えます。「えっ、本当に?」男の子は驚いた様子で答えました。「なんて優しい人がいるんだろう。僕、その人に有難うって伝えたいよ。」彼は答えました。

世界の子どもたちへ編み物作品を贈ろうプロジェクト アフガニスタンのストリート・チルドレンの子どもたちへの配布─2016年12月─

子どもたちは、セーターやマフラー・帽子などが入ったパッケージを受け取るとすぐに、袋を開き、色とサイズを調べています。
「見て、見て!僕のセーターは黄色だよ!うわぁ、マフラーも入ってる!僕、自分のマフラーなんてこれまで持ったことなかったよ。初めてのマフラーだ!」男の子は嬉しそうに友達に話しています。

世界の子どもたちへ編み物作品を贈ろうプロジェクト アフガニスタンのストリート・チルドレンの子どもたちへの配布─2016年12月─

「先生?」一人の女の子が、驚いた様子で、カウンセラーの先生にたずねました。「これ全部手編みなの?どうしたら、こんなに沢山のセーターやマフラーを編むことができるの?」
先生は「そうです、全部手編みですよ。多くの親切な日本の人たちが、皆さんのためにセーターやマフラーを編んでくれたのですよ。」と答えました。すると女の子はもう一度セーターを見て微笑みました。

世界の子どもたちへ編み物作品を贈ろうプロジェクト アフガニスタンのストリート・チルドレンの子どもたちへの配布─2016年12月─


~ワールド・ビジョン・アフガニスタンのスタッフから~

日本の皆さま 皆さんはこのような美しい贈り物を私たちアフガニスタンの子どもたちに送ってくださいました。
皆さまがこの場にいてくださり、皆さまからの贈り物を受け取っている子どもたちの様子をご覧いただけたら、子どもたちのこの喜ぶ様、笑顔を見ていただけたら、どんなに素晴らしいかと思っています。

皆さまの贈り物で、子どもたちはこの厳しい冬を、暖かく過ごすことができます。
心から感謝申し上げます。
皆さまに、神様の祝福が豊かにありますように。

世界の子どもたちへ編み物作品を贈ろうプロジェクト アフガニスタンのストリート・チルドレンの子どもたちへの配布─2016年12月─

>> 活動レポートに戻る

PAGE
TOP