植木友子さんのこぎん刺しレッスン

テナライ

素朴で美しい和の小ものづくりを楽しむ 植木友子さんのこぎん刺しレッスン

ここがオススメ!
  • 材料キットをまとめてお届け!
  • わかりやすい「レッスンシート」つき!
  • ワンポイント動画つきなので安心!
素朴で美しい和の小ものづくりを楽しむ 植木友子さんのこぎん刺しレッスン

新サイトCRAFTINGへ「テナライ」移行のご案内

日頃より「テナライ」をご愛顧いただき、誠にありがとうございます。
これまで多くの皆さまにお届けしてきました「テナライ」は、新しくスタートした「CRAFTING」(クラフティング)というサイトに移行いたしました。

CRAFTINGでレッスンをはじめる

「植木友子さんのこぎん刺しレッスン」のご紹介

「植木友子さんのこぎん刺しレッスン」のご紹介

青森の津軽地方で、防寒・補強という生活の実用的な目的から生まれたこぎん刺し。古典図案とオリジナル図案を織り交ぜて小ものを作ります。ひと針ひと針、集中して刺していく時間を楽しみましょう。

「植木友子さんのこぎん刺しレッスン」3つのおすすめポイント!

材料キットをまとめてお届けします! 全作品分のキットをまとめてお届けします。
いろいろな作品づくりが楽しめて、自然とスキルアップができるのでオススメです。
材料キットをまとめてお届けします!
「レッスンシート」つきなので初心者も安心! 写真やイラストを使って、詳しい作り方を説明するレッスンシートつき。初心者の方にも無理なく楽しんでいただけるよう、親切丁寧に解説しています。
「レッスンシート」つきなので初心者も安心!
ステッチの刺し方はミニ動画でくわしく解説! 針の進め方や手の動きなど、重要なポイントはミニ動画でも解説しているので、さらに安心です。
※動画を視聴するには、インターネット接続環境にあるパソコンまたはスマートフォン、タブレットが必要です。
ステッチの刺し方はミニ動画でくわしく解説!

新サイトCRAFTINGへ「テナライ」移行のご案内

日頃より「テナライ」をご愛顧いただき、誠にありがとうございます。
これまで多くの皆さまにお届けしてきました「テナライ」は、新しくスタートした「CRAFTING」(クラフティング)というサイトに移行いたしました。

CRAFTINGでレッスンをはじめる

古典模様と植木友子さんオリジナル模様で作る、心温まる6作品

  • 1ヶ月目:古典柄風のフレーム

    1ヶ月目:古典柄風のフレーム

    まずは古典柄をアレンジした単独模様を刺して、フレームを作ります。白い生地に色糸で刺して、少しずつこぎん刺しの目の数え方に慣れていきましょう。

    【でき上がりサイズ】縦 11×横11cm

    1ヶ月目:古典柄風のフレーム
  • 2ヶ月目:総刺しのコースター

    2ヶ月目:総刺しのコースター

    古典図案の「ウロコ」と、花をモチーフにしたオリジナル図案でコースターを作ります。連続模様の刺し方を学びましょう。リネンの生地とカラフルな色糸で、味わいのある仕上がりです。

    【でき上がりサイズ】約 10×10cm

    2ヶ月目:総刺しのコースター
  • 3ヶ月目:くるみボタンのブローチ

    3ヶ月目:くるみボタンのブローチ

    古典図案の「梅の花」と、「ウロコ」を反転させた「ウロコの裏模様」で刺す、くるみボタンのブローチ。目の細かい生地で刺す、こぎん刺しを学びましょう。

    【でき上がりサイズ】円形:直径 4cm、楕円形:5.5×4cm

    3ヶ月目:くるみボタンのブローチ
  • 4ヶ月目:コマクラ刺しのカードケース

    4ヶ月目:コマクラ刺しのカードケース

    古典図案「コマクラ刺し」でモダンなカードケースを作ります。同じ図案で、部分的に刺すか、全面に刺すかは自由。お好みで異なる印象の作品に仕上がります。

    【でき上がりサイズ】約 縦8.5×横11cm(閉じたとき)

    4ヶ月目:コマクラ刺しのカードケース
  • 5ヶ月目:ボタンと木の実のがま口

    5ヶ月目:ボタンと木の実のがま口

    オリジナルの図案でがま口を作ります。表裏で同じ図案を刺したり、違う図案を刺したりして楽しみましょう。がま口の仕立て方も学びます。

    【でき上がりサイズ】約 縦14×横14cm

    5ヶ月目:ボタンと木の実のがま口
  • 6ヶ月目:りんごのミニバッグ

    6ヶ月目:りんごのミニバッグ

    最後はもっともベーシックなこぎん刺しの配色で、紺地に白糸で刺します。布目が見えにくい、濃い布地での刺し方をマスターしましょう。

    【でき上がりサイズ】約 縦15×横23cm(持ち手含まず)

    6ヶ月目:りんごのミニバッグ

講師からのコメント

植木友子

青森の津軽地方で、防寒・補強という生活の実用的な部分から生まれたこぎん刺し。その多様性のある幾何学模様は、先人の知恵が作り出した実用美そのものです。素朴な美しさを持つこぎん刺しを、現代の生活の中でも使っていけたらと思っています。集中して針を進めていく時間の楽しさ、完成したときの喜びを感じていただけたら嬉しいです。

植木友子Ueki Tomoko

子ども服の制作やクロスステッチに親しむうちにこぎん刺しに出合い、2008年より独学で刺し始める。伝統的な図案を生かした小ものと、ユニークなオリジナル図案が人気。WEBショップ、イベントなどでは「ハリノヲト」の作家名で活動中。ハリノヲトには「針の音」と「針ノート」のふたつの意味を込めている。ヴォーグ学園横浜校・名古屋校・心斎橋校にて講師を務める。著書に『こぎん刺し 模様あそび』(小社刊)。
http://harinowoto.com/

新サイトCRAFTINGへ「テナライ」移行のご案内

日頃より「テナライ」をご愛顧いただき、誠にありがとうございます。
これまで多くの皆さまにお届けしてきました「テナライ」は、新しくスタートした「CRAFTING」(クラフティング)というサイトに移行いたしました。

CRAFTINGでレッスンをはじめる

最近見た商品