(10)カリキュマクロス
2019/01/30 00:00
1816年、アイルランド北部モナハン郡の牧師、ポーター夫妻は、新婚旅行でイタリアを旅しました。針仕事が得意だったポーター夫人は、その時手に入れたアップリケレースを参考にして、飾り部分にダーニングステッチやかがりを入れたレースの作品を作りました。これがカリキュマクロスレースの始まりと言われていますが、「カリキュマクロスレース」と呼ばれるようになったのは、1872年にダブリン展示会で初めて作品が展示されてからのことです。 カリキュマクロスレースの技法は、まず、図案の上にネット布とオーガンジーを重ねてしつけをします。次に図案に沿って芯糸を渡しながらコーチングステッチを入れていきます。そしてカットワークの要領で、オーガンジーを切り落とすと下のネット布にオーガンジーの白い部分が模様として残ります。 私がモナハン郡のカリキュマクロスレース・ギャラリーで、レース作家のマーティーさんからレクチャーを受けたのは20年も前のことですが、2011年に英国王室のウィリアム王子との挙式の際、キャサリン妃が着ていたウエディングドレスに、バラ、あざみ、水仙、シロツメクサの模様のカリキュマクロスレースが使われていたので、近年また注目を集めています。 A:布端のループが印象的な衿 B:アンティークレース。細い糸でかがっている C:リボンの輪の中もステッチしている D:鳥の柄は珍しい 毛糸だま 2014年夏 162号掲載
読み物TOPページへ戻る