新着記事

手の温もりを感じる手仕事 「ハンガリーの伝統刺繍」
2019/10/30 00:00
今年、日本との外交関係開設150周年となるハンガリー。それを記念して、ハンガリーにまつわる音楽や映画、展覧会などのイベントが日本各地で開催されています。
テナライでは、ハンガリーの首都ブダペストで3年半暮らし、現地でハンガリー刺繍を学んだ井沢りみさんのレッスンを開講中。ハンガリー各地に残る、様々な伝統刺繍の魅力を伺いました。
写真・文/井沢りみ
ヨーロッパのほぼ中央に位置するハンガリー。波乱の歴史をたどりながら、独特の風習や文化を築き上げてきました。 首都ブダペスト。王宮の丘から見下ろすドナウ川は息を飲む美しさ。
民族衣装などに見られる美しい刺繍のモチーフは地域ごとに異なり、どれも温かく魅力的なものばかり。旧ハンガリー領の地域のものを含めると30種類以上もあります。ハンガリーで暮らしていたとき、色とりどりのクロスや民族博物館に展示されている多様な刺繍の美しさに魅了されました。
ハンガリー各地に残る、多彩な伝統刺繍をいくつかご紹介します。
カロチャ ハンガリー南部のカロチャで発達した刺繍。野の花を束ねたような鮮やかな色彩で知られています。 カロチャのお祭りにて。民族衣装を着てダンスに向かいます。
ボリュームのあるスカートに重ねる、刺繍でたっぷり飾ったエプロン。
カロチャ刺繍の特徴のひとつであるミシン刺繍(リシェリュー)。
マチョー バラや鳥の図案が可愛らしいマチョー刺繍。2012年にユネスコ無形文化財に指定されました。 刺しかけのマチョー刺繍。糸の重なりで彩られていく様子にワクワクします。
マチョーのお祭り。女性たちは自慢の刺繍の前掛けをスカートの上に重ねています。
シオーアガールド ハンガリー南部のシオーアガールド村の刺繍。縁にほどこすアイレットが特徴的です。 青いアイレットエッジが効いたシオーアガールドの民族衣装。
シオーアガールドのワッペン。似たモチーフですが、少しずつ違って楽しい。
ハンガリー全土の刺繍を教えるカロチャ出身のJenei Anikó(イェネイ・アニコー)先生に出会い、ハンガリー各地の刺繍を教えていただける機会を得られたのはとても幸運なことでした。図案や技法が地域ごとに異なり、これだけの種類の刺繍が伝統を守って受け継がれてきたことに驚きを感じます。
テナライのレッスンでは、かつてハンガリー領だったトランシルヴァニア地方の刺繍も含め、図案や技法が特徴的な6種類の伝統刺繍をお楽しみいただけます。様々な種類のステッチをひとつひとつ習得していく喜びを感じていただけると思います。
祖母から孫へ、母から娘へと受け継がれてきた伝統の手仕事をぜひお楽しみください。
 
第2回クレイクチュールコンクール作品展示会のご案内
2019/10/18 00:00

2019年10月27日(日)~29日(火) 10:00~17:00まで 日本ヴォーグ社 Crafting Art Gallery

クレイクチュールの第2回コンクール作品展示会を開催いたします。 インスタグラムでたくさんの「いいね!」がついた投稿を A.総合部門、B.単発部門の2部門で表彰、作品展示をいたします。 特別招待作品として、クレイクチュール研究会講師の作品展示もございます。 >>公式ページはこちら ※画像は展示イメージです。 コンクール結果発表 結果は後日発表させていただきます。 受賞者には賞状・副賞を授与いたします。 体験会 どなたでもご参加いただけるクレイクチュールの体験会を開催いたします。 皆様お誘いあわせの上、お越しください。 クレイクチュールでつくる「オリジナルオーナメント」 参加費1,000円/1個(税込) 所要時間:30分(+焼成20分) アクセス ●電車 東京メトロ丸の内線「中野富士見町駅」から約520m ●バス 京王バス 新宿駅(西口)から 【宿32】校正会聖堂前行き「弥生町5丁目」まで約16分、下車約80m 【宿33】永福町行き「南台図書館」まで約15分、下車約190m クレイクチュールに関するお問合せ TEL:03-3383-0674 FAX:03-3383-0677 MAIL:claycouture@tezukuritown.com https://www.tezukuritown.com/nv/c/cccouture/
緻密な刺しゅうが生み出す 艶やかな毛並みの小さな動物たち
2019/10/15 00:00
耳飾りをつけたウサギさんの愛らしい表情と毛並みに、思わずうっとりしてしまいませんか? 10月23日(水)に発売される「森本繭香さんの野の花と動物の刺繍レッスン」では、リスやウサギ、ネコ、シマエナガなど、野の花に囲まれた小さな動物たちの刺しゅうを楽しむことができます。 小さな動物の毛並みや表情をリアルに表現する刺しゅう作家の森本繭香さん。自然に囲まれた北海道で生まれ育った森本さんならではの動物刺しゅうの世界が広がります。 レッスン2では札幌の公園で手乗りをした「シマリス」をモチーフにしたティッシュケース(森本さんの手もちょっと見えています!)。口にドングリをほおばってモグモグしている表情がそのまま刺しゅうされています☆彡 シマリスはこの長い指でドングリを持ってかじって皮むきをします。 レッスン5は雪の妖精と言われる「シマエナガ」のポーチ。ふわふわポヨポヨの真っ白の羽毛で包まれた丸いフォルムとつぶらな瞳を再現しています。 「動物たちの毛並みを刺しゅうで再現するために、絹糸を使ったりいろいろなステッチを試したり試行錯誤して、ようやく自分の納得のいく刺し方にたどり着きました」という森本さん。難しそうに見えるリアルなグラデーションですが、図案に沿って重ねて刺していけば初心者の方でもできるそうです。 基本は2本取りのステッチで大まかに刺し埋めてから、1本取りのステッチで表面を整えて艶やかな質感を再現しています。ウサギのほっぺやシマエナガのおしりは、さらに同系色の違う色の糸を重ねて刺すことで陰影をつけ、立体感を出しているんですよ! 「動物刺しゅうは刺しゅうよりも動物の図案を写すのが大変なんですよね…」という、初めてお会いした時にお聞きした森本さんのつぶやきが忘れられず、キットの布はすべて図案が印刷済みにしてしまいました☆ 届いたらすぐに刺し始められる何とも嬉しいキットなのです。 回を追うごとに動物の綺麗な毛並の流れを作るテクニックが身につくようになっているこのレッスン。 森本さんのステッチテクニックと手縫いで作れるソーイングを学びながら、うっとりするような刺しゅう小物作りをお楽しみください。
第13回日本グラスアート協会コンクール作品展のご案内
2019/10/08 10:00
生活を色彩で彩るクラフト「グラスアート」。 全国コンクールの今回のテーマは「空間を彩る」。 100点を超えるペンダントライトの作品の他、影絵を楽しむ「シルエットアート」、 モザイクタイルでモチーフを描く「タイルクラフト」など、 総数約260点の多彩な作品をご覧いただけます。 初めての方でも気軽に楽しめるワークショップも開催しますので ご家族やお友達といっしょに、ぜひ足をお運びください。 テーマ/空間を彩る 場所/CRAFTING ART GALLERY NAKANOFUJIMI    東京都中野区弥生町5-6-11 ヴォーグビル2階 開催日時/10月27日(日)~29日(火)      10:00~17:00 入場料/無料 主催/日本グラスアート協会 共催/株式会社日本ヴォーグ社 後援/公益財団法人日本手芸普及協会 協賛/RegaLead社 グラスアートとは 接着剤付きの鉛のリード線と特殊なカラーフィルムを一枚のガラスに貼って作品づくりを楽しむクラフトです。はさみやカッターナイフを使い机の上で手軽で安全にステンドグラスの雰囲気を出せるのが特徴です。短時間で安全に、お子様からご年配まで幅広い年齢層の方にお楽しみいただけます。 >> 今までのグラスアートコンクールの入賞作品はこちら   ▲画像は昨年の展示風景です 同時開催第2回クレイクチュールコンテスト作品展示 (画像はイメージです) ●「タイルでつくる家(うち)のくまさん」作品展示 (画像はイメージです) ●ワークショップ ●物販 初心者さま大歓迎 特別ワークショップ 場所:「CRAFTING ART GALLERY」内(ヴォーグビル2階) 事前予約なしでご参加いただけます。 日程:10月27日~28日(2日間) 時間:10:30~12:30/14:00~16:00 定員:1日30名(事前予約は必要ありません。当日のみ受付) 持ち物:準備物はこちらでご用意いたします。 A:グラスアートで楽しむ「キューブグラス」 参加費 500円(税込) 所要時間:30分 B:クレイクチュールでつくる「オリジナルオーナメント」 参加費1,000円(税込) 所要時間:30分(+焼成20分) アクセス ●電車 東京メトロ丸の内線「中野富士見町駅」から約520m ●バス 京王バス 新宿駅(西口)から 【宿32】校正会聖堂前行き「弥生町5丁目」まで約16分、下車約80m 【宿33】永福町行き「南台図書館」まで約15分、下車約190m >> アクセスMAPはこちら お問合せ先 日本グラスアート協会 TEL:03-3383-0674 FAX:03-3383-0677 MAIL:glass-art@tezukuritown.com https://glassart.nihonvogue.co.jp
第3回 お題「ラメ刺しゅう糸」
2019/10/03 00:00
ステッチイデーの人気連載「ステッチ&トーク」。刺しゅう作家の西須久子さんと新井なつこさんがひとつのテーマを元にそれぞれ作品を作り、おしゃべりするページです。対談の本編はvol.30誌面でお楽しみください。ここでは編集担当者を加えた3人でお送りします。今回は西須先生の思い出のお話も飛び出しました。
撮影/白井由香里 ラメ糸、各社から出ています 編集部(以下・編) 今回、作品にはフジックスのスパークルラメという糸をお使いいただきました。 西須久子(以下・西) 私、ラメ糸自体あんまり使わないんだけど…ウン十年刺しゅうやってて、実はこの糸初めて使ったの。フジックスさんごめんなさい! 新井なつこ(以下・新) 私も同じく…。フジックスさん、糸メーカーだけあっていい仕事してますねえ(笑)。これまでラメ糸はDMCのディアマント(編集部注・ボビン巻きのラメ糸)を使うことが多かったんだけど。 西 私もそう。あれが出てから、ほかのメーカーさんでもボビン巻きのラメ糸が増えたのかな?  各社から発売されていて、それぞれ色数も結構多いんですよ。 西 コスモは「にしきいと」ね。和風の色名がついてる。西陣織とか着物っぽいイメージなのかしら。  今度、もう少しポップなカラーの新色も出るそうです(詳しくは本誌vol.30をご覧ください)。  3社のラメ糸を比べてみると、質感が全然違いますね。 西 糸の太さも違うね。キラキラ具合も、それぞれ個性的。試し刺しをして、作品のイメージに合わせて選ぶのがいいですね。 アイディアはファッションから  本編では、西須先生の作品の「差し色」の話題が出ましたね。新井さんが西須先生の作品をご覧になった時「西須カラー!」とおっしゃっていましたが…。 西 私、ベージュとブルーの組み合わせが好きなの。リネンのベージュね。それに青味の強いピーコックグリーンとか、ターコイズとか。  それです、それが西須カラー! 西 20年以上前、娘とフランス旅行をしたのね。確かルイ・ヴィトンだったと思うんだけど…店員さんの制服がリネンのベージュのスカートにきれいなブルーのシャツで、その組み合わせがとっても素敵だったの。今でも印象に残ってる。  思い出の色合わせ。 西 それと、ディオールの広告だったかなあ、グリーンにちょっとだけ紫を加えてあって。自分では使わない色だけど、すごく素敵で「これが差し色というものか!」って、衝撃が大きかった。  西須カラーは、そういう体験が元になっているんですね。  私もウインドーショッピング大好き。そこからデザインとか色使いのアイディアが出てくる。 西 本はね、私たち手芸の本ってあんまり見てないの(笑)。  2人ともファッションかインテリアの本ばっかり見てますよね。 西 手芸とか刺しゅうの本は、資料として見ると自分の作品に何かしら影響が出ると思って。さっきの話はだいぶ前のことだけど、強く印象を受けたこととか、自分の感覚は大事にしたい。 刺しゅうの人は、手が乾く?  私、この前「貼り箱」の講習に行ったんですよ。カルトナージュみたいに、素敵な紙を貼って箱を作るの。 西 刺しゅうの人って、カルトナージュが好きよね。私も昔通ったことある。  バッグとかポーチとか、刺しゅうしたものを「縫って仕立てる」のが苦手な方が多いみたいで。カルトナージュは「切って貼る」のが基本だから、仕立てるよりもハードルが低いのかなと思います。  刺しゅうしてる時って、作品を汚したくないから途中で何度も手を洗うでしょ。それに刺しゅうをする人は手とか指が乾いていると思うんです。ベタベタしてたら作業できない。 西 そうね、手が乾いてる! 私なんてスマホが全然反応しないの。  それはパッサパサですね…。  その教室で、ボンドのかわりに膠(にかわ)を使ってたんですよ。ベッタベタなの。それがどうにも我慢できなくて…私1人だけアライグマかって位に何度も手を洗って、最後には先生に貼ってもらってた(笑)。 西 そりゃ新井さんだもの、アライグマよね!
西須久子×新井なつこ ステッチ&トーク TOPへ戻る ステッチイデーWebホームへ戻る
第3回暮らしの中のキルト展~キルトリーダーズ埼玉キルト展~
2019/09/25 00:00
10/16~11/4 10:30~19:00(祝日除く火曜休館、最終日17:00閉場) 匠大塚春日部本店5階イベントホール 埼玉県春日部市粕壁東2-5-1 TEL048(763)4001 お問い合わせ:笹田 TEL090(4434)1963
第11回キルトサークル Les Couleur パッチワークキルト展
2019/09/04 00:00
10/18~20 10:00~17:30(最終日16:30まで) 長崎県佐世保市博物館島瀬美術センター2F 長崎県佐世保市島瀬町6-22 TEL0956(22)7213 お問い合わせ:岩坂 TEL090(2080)0982
越智美智子キルトサークルキルト展
2019/09/04 00:00
10/29~31 9:30~18:00(最終日15:00まで) 広島県民文化センター展示室1 広島市中区大手町1-5-3 TEL082(245)2311 お問い合わせ:越智 TEL086(427)0998
2019 コットンスタジオ きて?みて?キルト展 ~秋本雅子と仲間たち~
2019/09/04 00:00
10/25~27 10:00~17:00 アクティブやない(柳井勤労者総合福祉センター)多目的ホール 山口県柳井市柳井3718-16 TEL0820(24)0081 お問い合わせ:コットンスタジオ TEL0820(23)8975
黒柳佳子パッチワークキルト展
2019/09/04 00:00
10/18~20 9:30~17:00 旧下関英国領事館 付属屋ギャラリー 山口県下関市唐戸町4-11 TEL083(235)1906 お問い合わせ:黒柳 TEL083(223)0869
越智美智子キルトサークルキルト展
2019/09/04 00:00
10/16~20 10:00~17:00(最終日16:00まで) 倉敷市立美術館第一展示室 岡山県倉敷市中央2-6-1 TEL086(425)6034 お問い合わせ:越智 TEL086(427)0998
第3回グループM キルト展
2019/09/04 00:00
10/31~11/2 10:00~17:00(最終日16:00まで) 大阪産業創造館3階 マーケットプラザ 大阪市中央区本町1-4-5 TEL06(6264)9800 お問い合わせ:斎藤 TEL0598(42)3793
「はじめようパッチワークキルト」城利美 教室作品展
2019/09/04 00:00
10/30~11/3 10:00~17:00 東生駒 ギャラリー宗 奈良県生駒市東生駒1-386-1 TEL090(6753)3669 お問い合わせ:城 TEL0743(79)0114
伊藤よしみの「きまぐれキルト展」Vol.2
2019/09/04 00:00
10/28~11/15 10:00~17:00(土日祝休館、最終日16:00まで) NTT西日本三条コラボレーションプラザ 京都市中京区烏丸三条上ルNTT西日本京都支店1階 TEL 075(746)5244 お問い合わせ:伊藤 TEL090(1961)8212
第15回 城利美と仲間達展
2019/09/04 00:00
10/23~27 10:00~17:00 東生駒 ギャラリー宗 奈良県生駒市東生駒1-386-1 TEL090(6753)3669 お問い合わせ:城 TEL0743(79)0114
第7回キルトハウス with you 作品展 「布が奏でるハーモニー」
2019/09/04 00:00
10/17~20 10:00~17:00(最終日16:00まで) 三田市キッピーモール6階 多目的ホール(三田市まちづくり協働センター) 兵庫県三田市駅前町2-1 TEL079(559)5154 お問い合わせ:森廣 TEL079(565)4573
Cotton Plantation パッチワークキルト作品展
2019/09/04 00:00
10/6~9 9:00~17:00(初日13:00から、最終日15:00まで) みやこめっせ 2F 美術工芸ギャラリーA,B 京都市左京区岡崎成勝寺町9-1 TEL075(762)2630 お問い合わせ:荒木 TEL075(865)1455
60 from here ―麻野絹代・影山洋子パッチワークキルト2人展―
2019/09/04 00:00
10/2~7 11:00~18:00(最終日16:00まで) Gallery SASAKI 大阪市中央区心斎橋筋1-6-4 佐々木ビル3F TEL080(3410)0156 お問い合わせ:影山 TEL090(4190)9603
やわらかパッチワークキルト展~プチエール~
2019/09/04 00:00
10/1~6 10:00~17:00 イーグレ姫路市民ギャラリー第1、2展示室 兵庫県姫路市本町68-290 TEL079(287)0830 お問い合わせ:黒田 TEL090(2117)4833
長野キルトドリーム2019!
2019/09/04 00:00
10/18~20 10:00~16:00 長野放送 NBSホール 長野市岡田町131-7 お問い合わせ:長野キルトドリーム!事務局 TEL026(227)3000