キルトジャパンweb

  • ホーム
  • メールショッピング
  • 針休めの針仕事
  • イベントカレンダー
  • 作家データベース
  • キルトジャパン アーカイブ
  • Facebook

キルトジャパン 2017年1月号 新春 168号 ▼

キルトジャパン  2017年1月号 新春 168号

キルトジャパン  2017年1月号 新春 168号

立ち読み

購入する

便利な定期購読はこちらから。お申込みはFujisan.co.jpとのご契約となります
(送料が別途かかります)

定期購読する

2016年12月5日発売 本体1,400円+税

  • 特集お正月を飾る
    掛け軸風和のキルト

    長方形のたてに長いキルトが新鮮です。スリムでシャープに見えるのと、そして何より、部屋に飾りやすいのです。日本には昔から床の間を掛け軸で飾る文化がありました。余白をいかしつつ空間を美しく彩る感覚は私たちに根づいているのでしょう。今年のお正月は掛け軸風和のキルトで飾りませんか? 床の間のない現代の暮らしにもきっと合うはずです。

  • 特集2雛祭りを飾る

    女の子の健やかな成長と幸せを願う桃の節句。お雛様の準備はもうお済みですか?今年は押し絵で作る雅びなお雛様や、お子様と一緒に作って楽しむお雛様、作り方を詳しく解説したミニつり雛などをご紹介します。

  • 特集3木綿で作る和のキルト

    和の布と言えば絹の布を思い浮かべがちですが、木綿の布で和を表現できたら、材料を入手しやすく、作る時には縫いやすく、使う時には洗えるのでとても実用的です。お出掛けの時に持ち歩いたり、家に飾ったりしながら日常生活の中で気軽に和を楽しめるような実用的な作品をご提案します。

    • オリジナルフレームに飾る季節のキルト
    • 今月のキルトギャラリー「祝い」
    • つなぐ人 ―永田欄子
    • 女性の暮らしと針仕事 ~韓国刺繍博物館コレクションより~
    • はじめてのミシンキルティング
    • 今、話題のファブリック COTTON+STEELのことが知りたい!
    • しっかり選んで、きちんとつけるAOSNAPのマグネットホックで作るバッグとポーチ
    • 誌上レクチャー つり雛の作り方
    • いらなくなったネクタイは捨てないで!素敵なリメイク小ものに変身
    • 実用的に使えるのが魅力 ワイヤー口金のバッグとポーチ
    • パリのインテリア・イデ― ~布と暮らすパリの人々~
    • 阪本あかねのゆかいなポーチ
    • AUN(あうん)のキルト&健康教室
    • 私のこだわり針道具
    • 針休めの針仕事
    • 野口 光の世界の手仕事から

キルトジャパン2016年10月号秋166ページNo.39のカエルのエンジェルの型紙の位置表記に誤りがありました。訂正してお詫びいたします。
>> 正しい図はこちら(PDF)

Special Information

  • 特別付録 キルトカレンダー2017

    毎年楽しみにしている方も多い、キルトカレンダーが特別付録につきます。お楽しみに!

  • 第26回キルトジャパン賞入賞作品発表

    毎年開催のキルトジャパン賞も今年で26回目を迎えることになりました。
    作品はA部門:ミニタペストリー テーマ:「生命」とB部門:袋ものの2部門で募集。本審査は、岡野栄子さん、服部まゆみさん、石上友美(本誌編集長)によって行われ、各賞が決定しました。協賛社賞も合わせ、計142点の入賞作品を発表します。

    入賞作品を見る

  • キルトジャパン読者の方特別ご招待!
    有輪商店2017年度新柄発表会にご招待します!

    キルター憧れの布を発表し続けている有輪商店㈱が、大阪、東京で開催する新柄発表会に一般のお客様を抽選でご招待します。通常は買い付けの方専門のプロの方たち限定で開催されるものですが、今回は布をデザインしたキルト作家たちが直接新柄についてご紹介をしたり作品づくりのアドバイスなどをしてくれることとなり、一般のお客様もご紹介することとなりました。そこでキルトジャパンの読者の方たちのために特別に各日20名様ずつご招待していただけることになりました。新しく発表される最新の布たちが、どのような思いや意図を持って作られたのか、また、どのように使ってもらいたいと思っているのかなど、布の魅力についてデザインした作家自身から存分にお話を聞けるまたとない機会です。ぜひご応募下さい。

    有輪商店新柄発表会日程

    <大阪展>会場/日本綿業倶楽部7F 大阪市中央区備後町2丁目5-8

    ●2017年1月11日(水)小関鈴子先生、郷家啓子先生、YUWA
     第一部 10:30 ~、第二部 13:00 ~
    ●2017年1月12日(木)上田葉子先生、カルトナージュアート
     第一部 11:00 ~、第二部 13:00 ~
    ●2017年1月13日(金)こうの早苗先生、岡本洋子先生
     第一部 11:00 ~、第二部 13:00 ~

    <東京展>会場/プラザマーム3F 東京都中央区日本橋浜町1-1-12 プラザマームビル

    ●2017年1月17日(火)松山敦子先生、 園部美知子先生、秋田景子先生
     第一部 10:30 ~、第二部 13:00 ~
    ●2017年1月18日(水)アニャンさん、YUWA
     第一部 11:00 ~、第二部 13:00 ~

    応募方法

    必要事項を明記のうえ、キルトジャパン編集部までeメールでお申し込みください。
    抽選後、当選の方のみに有輪商店(株)さんからeメールでお知らせいたします。
    必要事項:名前/住所/電話番号/性別/メールアドレス/希望日と時間帯(第1、第2希望までお書き下さい)

    応募先

    キルトジャパン編集部
    E-mail. quilts-japan@tezukuritown.com

    応募期間

    2016年12月5日~20日
    ※当選者の方のみに12月27日までに有輪商店さんからお知らせのメールが届きます。(パソコンからのメールが受け取れるよう設定をお願いします)

    問い合わせ先

    有輪商店株式会社 大阪府大阪市中央区船越町1-5-4
    TEL.06-6947-6777
    E-mail. info@yuwafabrics.e-biss.jp
    担当:椎木 森口
    http://yuwafabrics.e-biss.jp/

掲載作品ギャラリー

  • 「掛け軸風和のキルト」嶋 道子

    8ページ掲載 撮影/山本正樹

  • 「掛け軸風和のキルト」林アメリー

    12ページ掲載 撮影/山本正樹

  • 「マグネットホックで作るバッグとポーチ」柴 尚子

    50ページ掲載 撮影/山本正樹

  • 「雛祭りを飾る」中山敬子

    65ページ掲載 撮影/渡辺淑克

  • 「木綿で作る和のキルト」高木良子

    87ページ掲載 撮影/渡辺淑克

  • 「阪本あかねのゆかいなポーチ」阪本あかね

    98ページ掲載 撮影/渡辺淑克

イベントカレンダー&キルト展示会レポート

本誌掲載の「イベントカレンダー」と「展示会レポート」がWebでもご覧いただけます。
「キルト展示会レポート」は、ご紹介した写真をカラーでお楽しみいただけます。

イベントカレンダー&レポート

メールショッピング

本誌掲載のキットや布、材料、おすすめの便利アイテムなど、選りすぐりの商品が満載です。

メールショッピング

針休めの針仕事

大作を制作中や仕上げた後など、簡単ですぐにできる小ものが作りたくなりませんか?
そんな針休めにピッタリのかわいい作品を毎号紹介していきます。

袖口を守る おしゃれなアームカバー  鎌谷英子

そろそろお掃除や片づけものに忙しくなる年末がやってきます。また、新年はお客様を迎えての台所作業などが続きますね。忙しい時こそ楽しく仕事ができるように、おしゃれなアームカバーを作ってみました。袖口を気にせず集中できるので、仕事がはかどりとっても便利。楽しくお仕事しましょう。

撮影/宮下昭徳 スタイリスト/井上輝美 イラスト/小池百合穂

針休めの針仕事

Information

  • 第27回 キルトジャパン賞 作品募集

    応募受付期間(第一次写真審査) 2017年6月12日~16日

    お陰様でキルトジャパン賞は27回目を迎えます。募集要項が少し変更となり、入賞作品は日本ヴォーグ社 ギャラリーでの展示を予定しています!誌面だけではなく、実際の作品を多くの方に見ていただくチャンスです。ぜひご応募ください!

    応募作品について

    作品はパッチワークの手法を用いたもので、〈A部門〉ミニタペストリー、〈B部門〉袋もの(バッグ)の2部門に分かれています。一般、ティーンズという区分をせずに、アイデアあふれる作品を幅広く募集いたします。応募作品はすべて未発表で、オリジナル作品に限ります。

    A部門 ミニタペストリー

    テーマ「音楽」 サイズ80×80cm以内

    B部門 袋もの

    テーマ・サイズの規定なし

    ※応募作品は1部門につき1人1点まで。
    ※入賞作品の出版権は㈱日本ヴォーグ社に帰属します。

    審査・発表

    ・第一次審査…写真審査
    ・第二次審査…実物審査(有料)
    ・発表…キルトジャパン誌面及び、日本ヴォーグ社 ギャラリーにて展示いたします。

    賞品・賞金

    グランプリ…1名(A・B部門から選出)賞状と賞金20万円
    金賞…A・B部門から各1名 賞状と賞金5万円
    銀賞…A・B部門から各2名 賞状と賞金3万円
    その他の賞については未定。順次発表していきます。

    ※詳細は次号以降のキルトジャパンおよびキルトジャパンWEBにてお知らせします。

  • あなたの作品を募集しています

    キルトジャパン「読者のキルトショー」ではあなたの作品を募集しています。
    パッチワークキルトの技法を用いたものであれば、タペストリーでもバッグでも構いません。キルトジャパンであなたの自信の一作を発表しませんか?

    *作品の写真と共に以下の項目を明記してお送り下さい。
    ①氏名(フリガナ)
    ②郵便番号・住所
    ③電話・ファックス番号
    ④作品のテーマまたはタイトル(あれば)
    ⑤作品のサイズ
    ⑥コメント(作品を作る上で苦労した点、工夫した点、エピソードなど)

    ※応募多数の場合は編集部で先行させていただく場合があります。掲載の際には編集部からご連絡し、実物の作品をお送りいただくことになります。

    ※作品は未発表のものに限ります。何か参考にした資料などありましたら、応募の際に必ずご明記下さい。

    ご応募・お問い合わせ
    (株)日本ヴォーグ社 キルトジャパン編集部「読者のキルトショー」係
    E-mail. quilts-japan@tezukuritown.com

はじめてのミシンキルティング

  • ミシンを使ったキルティングに注目して詳しくご紹介する本連載。ウォーキング押さえやフリーモーション押さえを使ったキルティングに挑戦してみたい…という方のために、全4回でミシンキルティングの基礎を笹倉幸子さんにわかりやすく解説してもらいます。また経験者の方にも参考になるような奥深いミシンキルティングの世界をご紹介します。キルトジャパンWEBでは、ウォーキング押さえとフリーモーション押さえを使用したキルティングの動画を公開します!誌面ではわかりづらい一連の動きをミニ動画でぜひご覧ください。

    レッスン/笹倉幸子さん

    ウォーキング押さえを使用した落としキルトです。
    ウォーキング押さえを使用して、直線縫いとジグザグステッチを交互に使うボーダーのキルティングです。
    フリーモーション押さえを使用したカーブのキルティングです。

キルトジャパン 年間定期購読のご案内

年間購読料
年4回(季刊)3,6,9,12月4日発売
1,300円+消費税×4冊=5,616円
お申し込み
WEBでも定期購読がお申し込みいただけるようになりました。
お申し込みは【Fujisan.co.jp】で受け付けています。(送料が別途かかります。)

年間定期購読のお申し込み

お問い合わせ
(株)日本ヴォーグ社 カスタマー本部 通信販売
TEL:0120-933-690(9:00~17:00/日祝休)

大好評のキルトジャパン・リクエスト決定版 第3弾『和のキルト』

キルトジャパン・リクエスト決定版『和のキルト』
  • 定価1,600円+税
  • A4変形判/116ページ 実物大型紙つき


特別付録・和のポストカードつき

立ち読み

購入する

過去、約10年間のキルトジャパンから、特に人気のあった和のキルトをセレクトした『キルトジャパン・リクエスト決定版 和のキルト』が発売しました!
気になるコーナーは「日本の文様」から始まり、「暮らしの小もの」、「暮らしに小裂を生かして」、「袋もの」、お雛様やうさぎなどの動物が登場する「愛らしい小もの」など、作りやすいサイズのキルトや小ものが中心。大きなキルトは「キルトギャラリー」のコーナーで、富士山や鶴などをモチーフにした「おめでたいキルト」と「花のキルト」が楽しめます。
和のキルト作りが初めての方にも安心の「和布を知る」のコーナーもあり、和布の種類や選び方、着物のほどき方まで丁寧に解説しました。艶やかなキルトが満載のとっておきの一冊、ぜひご覧ください。

  • 親しみやすい日本伝統のさまざまな文様を使ったキルトをご紹介。
  • 小さなスペースにも飾りやすいサイズの額やタペストリー、実用的な袋もの、
    愛らしいお細工ものなど、小ものが充実。
  • 「キルトギャラリー」のコーナーより。
    うっとりするような艶やかなキルトが満載です!
  • レッスンページでは「和布使いのミニバッグ」を
    丁寧に解説しています。