第1回 キルトジャパンコンテスト入賞作品発表

26回にわたり開催してきたキルトジャパン賞が、「キルトジャパンコンテスト」として新たにスタートしました! 第1回目は、2017年5月にオープンした㈱日本ヴォーグ社のクラフティングアートギャラリー及びセミナールームにて開催しました。A部門:ミニタペストリー「テーマ:音楽」とB部門:袋ものの2部門で募集。本審査は、斉藤謠子さん、阪本あかねさん、石上友美(本誌編集長)によって行われ、各賞が決定しました。協賛社賞もあわせ、計142点の入賞作品を発表します。

第一次審査/2017年6月22日 第二次審査/2017年7月27・28日  応募数/A部門204点・B部門131点 計335点
撮影/森谷則秋

ギャラリーに展示します!

2018年1月27日から31日まで、㈱日本ヴォーグ社のクラフティングアートギャラリー(東京都中野区)にて、「第1回キルトジャパンコンテスト作品展」を開催します。キルトジャパンコンテストに入賞した作品142点、入選作品78点、合計220作品を展示します。ワークショップも同時に開催。皆様のご来場をお待ちしております。

詳しくはこちら

画像をクリックすると拡大してご覧いただけます

グランプリ

グランプリ

加瀬麻美(東京都)

「Let’s Groove」 72×72cm

作者のコメント
大好きな音楽が流れる空間。心踊り体も揺れます。素の自分に戻ってリフレッシュ&パワーチャージ。そして、また明日からがんばろうと思うのです。
審査員からのコメント

斉藤謠子:トラディショナルパターンを変形させて、楽しい踊りの雰囲気が出ています。スポットライトの光と影に力強さを感じます。

阪本あかね:素材使いがおもしろく、躍動感があり、それぞれが音楽に没頭して踊っている感じが良く表現されています。

石上友美:オーガンジーを逆転の発想で使っていますね。星のパターンの使い方も上手で、テーマに合ったリズミカルな作品です。

金賞

金賞 A部門 (ミニタペストリー)

高田早苗(兵庫県)

「風に乗って」 75×76cm

作者のコメント
60才を過ぎてからオカリナを習い始めて2年。久々の楽譜に戸惑いながらも演奏を楽しめるようになり、その楽しさをキルトにしました。
審査員からのコメント

斉藤謠子:青の微妙な配色が素晴らしく、また五線譜の中の赤が青をさらに引き立てています。鳥が飛んでいたり、最後のふちの始末の仕方にも変化があって作品名に合っています。

阪本あかね:和布を使っているにもかかわらず、西洋風の“MUSIC”を感じさせる作品です。

石上友美:単調になることなくうまくバランスが取れていて、構図も素晴らしく、完成度の高い仕上がりです。

金賞 B部門 (袋もの)

藤井千恵(岡山県)

「シーラカンスとモンガラカワハギ」 23×28×7cm

作者のコメント
幼き頃、母と見たシーラカンス展。彼とデートした水族館で見たモンガラカワハギ。どちらもおもしろい魚なのでバッグにしてみました。
審査員からのコメント

斉藤謠子:デザインはもちろん配色も素晴らしく、おしゃれで実用的です。ベースのウールにもしっかりと手を加えられています。

阪本あかね:いろいろな素材が組み合わされていて、ユニークな仕上がりです。元の素材にうまく手を加えてアップリケとの相性が良く、持ちたいと思えるバッグです。

石上友美:バッグの前後、持ち手など、どこを見てもおもしろいデザインです。ベースの生地や魚の素材感も工夫されています。

銀賞

銀賞 A部門 (ミニタペストリー)

虻川ルミコ(埼玉県)

「Guitar ~ジグザグポップな音色で~」 74×70cm

作者のコメント
銘仙の幾何学模様とジグザグステッチで、音の響きを表現できたらと思いました。POPにJAZZYに。
審査員からのコメント

斉藤謠子:色使いも布使いも抜群です。トラディショナルパターンと現代風のエレキギターという一見ミスマッチのように感じるものがうまくまとめられています。

阪本あかね:背景のUSAコットンと、ギター部分の銘仙が違和感なく合っていて、お互いに引き立て合っていい効果を出しています。

石上友美:ギターの大胆な構図が目を引きます。銘仙という和の素材でギターを表現しているところにおもしろみがあります。

銀賞 A部門 (ミニタペストリー)

前田景子(北海道)

「Happy Birthday」 80×80cm

作者のコメント
ロウソクが110本! たくさんの人のバースデイを皆で歌いましょう。♪の中でもローソクが歌いケーキも歌って皆でカンパイ!
審査員からのコメント

斉藤謠子:パーティーを祝う楽しげな雰囲気がよく表現されています。一見アップリケに見えるようなロウソク、ケーキ、旗などがすべてピースワークで作られているのも見事です。

阪本あかね:要素が盛りだくさんですが、構図のバランスが取れています。ハンドとミシンをうまく使い分け、それぞれの良さが出ています。

石上友美:細部までこだわって作られており、80cmの世界の中にそれぞれの要素がバランスよく配置されています。

銀賞 B部門 (袋もの)

木内明子(千葉県)

「ナンチャッテバスケット」 25×19×15cm

作者のコメント
憧れのナンタケットバスケットを布で作ってみようと思い一目一目丁寧に編み上げました。内袋は透け感のあるオーガンジーにしました。
審査員からのコメント

斉藤謠子:テープの幅を下から上へと変えてあるのですき間がなく、しわもなくきれいに編まれています。布のかごは実用にも優れているのでいいですね。

阪本あかね:布でここまでカチッとした質感を出せるのは、計算力と技術力がすぐれているからだと思います。とても手が込んでいて完成度が高く美しい作品で、使いたくなりました。

石上友美:まるで布ではないような、端正な編み目が素晴らしいです。

銀賞 B部門 (袋もの)

橋本桂子(京都府)

「サッシュベルトをしたバッグ」 22×37×10cm

作者のコメント
流行のサッシュベルト。バッグなら取り入れられると制作しました。ウール素材でのバッグ作りは楽しいです。
審査員からのコメント

斉藤謠子:ボタンや底の赤い色が効いていてバッグの形も素敵です。革が使われていて形もユニークなので仕立てが大変だったと思いますがきれいに仕上がっています。

阪本あかね:アップリケが素晴らしく、また着せ替えもいいアイデアで楽しめます。形のバランスがよくバッグ本体も完成度が高い仕上がりです。

石上友美:ウール、刺しゅう、いろいろな素材を使ったボリューム感のあるアップリケが魅力です。ベース部分も暗めの同系色でつないで工夫されています。

審査員賞 A部門(ミニタペストリー)

斉藤謠子賞

落合泰子(兵庫県)

「Bonsoir♪」 76×78cm

作者のコメント
日没、同化する様な屋根のグレー、ぽつぽつと点り始める窓の灯。歌うように交わされる挨拶。「Bonsoir♪」大好きな時間帯です。
審査員からのコメント

斉藤謠子:ハンドの技術が優れていて、グラデーションの生地使いも素敵です。キルターにとってハウスは人気のパターンなので目を引きました。家々の窓から出る光から、皆で音楽を聴いているのかなと想像できます。

阪本あかね賞

高尾千恵美(神奈川県)

「父に届け~ファンファーレ」 77.5×76.5cm

作者のコメント
大好きだった競馬の出走直前、ワクワク最高潮のファンファーレ。見送りの時に流して欲しいって約束、遅くなりました。聞こえますか?
審査員からのコメント

阪本あかね:デザインが大胆で、馬のそれぞれの表情がユニーク。背景のピースワークも風が吹いている感じがよく出ていて、ミシンと手縫いの組み合わせも上手です。競馬をイメージしたパイピングも発想がおもしろいですね。今にもファンファーレが聴こえてきて馬が走りだしそうです。

石上友美賞

栗森貞江(広島県)

「fantasy キルト」 76×71cm

作者のコメント
いただいた和布全部いかしたくて無理やり並べて、下絵は書かず毎朝縫いたいところを自由に縫っていました。途中で花も入れたいチョウも・・・と毎日が楽しくて楽しくて。120cmの布がこんなに小さくなりました。
審査員からのコメント

石上友美:刺しゅうや刺し子などのステッチがたくさん入れられ、手織りにも見えるほどのボリューム感があり、迫力が感じられます。

トラディショナル賞

種﨑規子(福岡県)

「strike up」 78×78cm

作者のコメント
思い思いの楽器を手に小人たちが集まってきましたよ。さあ演奏が始まります。全ての人が自分らしい音色を響かせられるように祈って。
審査員からのコメント

斉藤謠子:中央部分や三角つなぎなど、生地の使い方に工夫があって素敵です。まさしくトラディショナルパターンを使ってうまくまとめられた作品です。

阪本あかね:トラディショナルパターンで音楽を表現することは難しかったと思いますが、配置、刺しゅう、アップリケなどすべてが計算された作品です。

石上友美:最初の製図の段階からシンメトリーに考えられていてきれいです。ピースワークの間にある刺しゅうも動きを出しています。

審査員賞 B部門(袋もの)

斉藤謠子賞

小林祥子(滋賀県)

「白雪バッグ」 38×38cm

作者のコメント
真白な麻のはぎれを1枚ずつ縫っていくとまるで少しずつ降り積もっていく積雪のようではありませんか。銀世界ができ上がりました。
審査員からのコメント

斉藤謠子:本体に対して持ち手のバランスが優れていて美しく、使いたいと思えるバッグです。白だけを使ったポジャギのバッグはめずらしいので目を引きました。

阪本あかね賞

川上結子(熊本県)

「ミシンでトラプントバッグ2」 21×28×7cm

作者のコメント
モコモコと立体になるトラプントの技法が好きで花のデザインにしました。裏面は葉だけのステッチにしてみました。
審査員からのコメント

阪本あかね:一枚布にキルティングをしてこれほどの陰影を出し、布ではないような素材感が出ているところがすごいです。入れ口の始末の仕方もユニークで、大人の女性が持てるようなかっこよさがあります。

石上友美賞

藤農郁美(石川県)

「パズルボックス」 16×26×15cm

作者のコメント
カラフルな箱のようなバッグが作りたくて、ルービックキューブを参考にしました。開けると大きく口が広がるのがポイントです。
審査員からのコメント

石上友美:ルービックキューブとジグソーパズルを組み合わせたデザインとバッグの形がユニークです。開けた時に中が見やすく、中にはファスナーもついていて工夫がいっぱいです。

協賛社賞

株式会社エム・シー・スクエア賞

オリムパス製絲株式会社賞

株式会社KAWAGUCHI賞

神田商事株式会社賞

金亀糸業株式会社賞

クロバー株式会社賞

蛇の目ミシン工業株式会社賞

JUKI販売株式会社賞

ジョアン賞

大黒絲業株式会社賞

ダイワボウテックス株式会社賞

ディー・エム・シー株式会社賞

内藤商事株式会社賞

株式会社フジックス賞

ブラザー販売株式会社賞

ベビーロック賞

株式会社ベルニナジャパン賞

有輪商店株式会社賞

横田株式会社賞

株式会社ルシアン賞

渡邊布帛工業株式会社賞

公益財団法人日本手芸普及協会賞

キルトジャパン賞アーカイブはこちら