70年の歩み

History

  • 1954
    創業者瀨戸忠信が東京・文京区の自宅の一室を使い、妻・光枝と日本ヴォーグ社を創業。
    日本ヴォーグ社第1号「最新あみもの全集 No.01」を出版。
  • 1959
    『計算なしで編める編物割出し表』が大ヒット、「“編物”の日本ヴォーグ社」に。
  • 1967
    「手編み通信講座」開講。初年度33,000人の受講者が翌年には10万人を超える。
  • 1970
    市ヶ谷に12階の本社ビルを建設。
  • 1971
    全日制2年「ヴォーグ編物指導者養成校」を開校。編物のプロ養成として、社会構造の変化で閉校する迄25年間で956名の卒業生を送り出した。
  •  
    趣味として様々な手芸を楽しめるカルチャースクール「ヴォーグ学園」を開校。
  • 1977
    『毛糸だま』創刊。
    『毛糸だま』創刊号
  • 1986
    パッチワークキルトの雑誌『キルトジャパン』創刊。
    『キルトジャパン』創刊号
  • 1986
    『ペイントクラフト』創刊。2011年には『ペイントクラフトデザインズ』としてリニューアル。
    『ペイントクラフト』創刊号
  • 1999
    押し花愛好家のための雑誌『私の花生活』創刊。
    『私の花生活』創刊号
  • 2000
    8/4 手芸・クラフトの情報サイト「手づくりタウン」オープン。愛好会の交流の場「掲示板」が大人気に。
    「手づくりタウン」オープン
  • 2001
    「手づくりタウン」リニューアルEC機能を装備してお買い物が楽しめるように。
    「手づくりタウン」オープン
  • 2005
    刺繍雑誌『ステッチイデー』創刊。
    『ステッチイデー』創刊号
  • 2006
    初心者向けの編み物雑誌『ニットマルシェ』創刊。
    『ニットマルシェ』創刊号
  • 2017
    東京都新宿区から中野区へ本社移転。
    本社移転
  • 2019
    ハンドメイドのオンラインレッスン「CRAFTING」誕生。
    本社移転
  •  
    編み物好き集まれ!「イトマ!」開催。毛糸好き、編み物好きに特化した糸のマーケットイベントは、今年の秋で6回目を迎える。
    本社移転
  • 2022
    クラフトとソーイングの雑誌『CRA-SEW』創刊。
    『CRA-SEW』創刊号

70周年特別企画

Special Project

70年前の1954年5月に創業来、社標「糸ぐるま」にあらわすように私どもは1本の糸に事業の夢を託し、手づくりひとすじに糸を切ることなく,丹念に糸ぐるまを回し続けて参りました。これもひとえに多くの手づくり愛好家の皆様、手芸・ハンドメイド指導者の方々はじめ多くの皆様のお力添えいただいたおかげであり心より感謝申し上げます。

創業のころの手づくりはお母さんのまごころが伝わる大切な家族のための縫物、編物でした。高度成長期となり既製品で衣服が満たされると手づくりは趣味として愛されるようになっていきます。そして海外からも様々な種類の手づくりがもたらされ欧米のライフスタイルにあこがれる人々にキルトやトールペインティングが瞬く間に広がって行きました。

こんにちデジタル時代を迎え、手づくりは心休まる美しい出来栄えばかりでなく、同じ趣味を持つ人との絆として、サスティナブルな暮らしの手段としての新たな魅力をもたらしてくれています。

私達は「Happy Life with Handmade」の社是のもと、これからも出版、教育事業、通信販売事業、などを通じて皆様へHappyをお届けすることを私たちの喜びとして活動を続けてまいります。

株式会社 日本ヴォーグ社

代表取締役 瀨戸 信昭