毛糸だまWeb

私のニットアルバム

毛糸だまにご応募いただいた、手づくりならではの作品をご紹介します。
「ニットアルバム」では、まだまだ作品を募集しています。皆さんもぜひご応募ください!!

応募フォームはこちら

付箋のニット

N・Kさん

家に来るたびに、編んで欲しい掲載作品に付箋を貼ってくれていた友達のお孫さんに内緒で編みました。この先も毛糸の温もりを忘れず、いつかは編み物女子に成長してほしいと思っています。

『2016年毛糸だま冬号』より

息子とポンチョと白樺と

I・Mさん

大好きな野呂英作の糸で息子のポンチョを編みました。糸のイメージから「これは白樺だな!」とひらめき、完成後は白樺の公園でパチリ。イメージがピッタリとマッチした写真になりました。

オリジナルデザイン

チームカラー!?

M・Aさん

棒針編みで好きな透かし模様を入れて、お気に入りの1枚が完成しました。手が「ゆるい」ので、1号針で編んでいます。これを着てサッカー観戦を楽しみたいと思います。

『華麗な模様のニット』(小社刊)より

おそろいスヌード

K・Hさん

入院治療中、何か気がまぎれることはないかと、息子たちのスヌードを編みました。喧嘩になってはいけないので、色違いでおそろいにしました。「暖かい!」と喜んでくれました。

『2018年毛糸だま秋号』よりアレンジ

クレイジーニット

A・Nさん

いつも編み込み模様ばかりでしたが、今回パターンを決めずに自由に編んで(クレイジーに)、パッチワークの様にしてみました。5カ月かかりましたが、最後まで飽きずに編めました。

オリジナルデザイン

3年越しに

M・Kさん

子どもが中高生になり、自分の時間が持てるようになったので、思い切って買って編んだ、丸ヨークのニットです。完成までに3年かかりましたが、思い出深い1着になりました。

『2010年毛糸だま冬特大号』より

『私のニットアルバム』 応募フォームはこちら

最近見た商品