最近見た商品

本

手づくりタウン キャッシュレス・ポイント還元について

海外発送/国際配送サービスの転送コム

ひと味ちがう 絵てがみのかくし技 其の2

1,300円 + 税
商品コード
0A10016555
メーカー名
日本ヴォーグ社
ISBN
978-4-529-04651-0
著者
関口北洞(せきぐちほくどう)
頁数
84ページ
発売日
2008-11-22

商品説明

パソコン時代になった今だからこそ、直筆のお手紙をいただくとうれしくなります。今回の「絵てがみのかくし技 其の2」は、文字と言葉に重点を置いてご紹介します。著者である関口北洞氏は、書家でもあります。色々な筆や身近な割箸や爪楊枝などを筆に仕立て、また、サインペンや筆ペンなどでも、雰囲気のある文字が書けるそんな“技”を伝授します。また、絵と文章がマッチすることでおもしろさや臨場感を感じていただける絵てがみにするには、文章をどう考えたらいいのか、発想の仕方や絵と文字の配置の仕方など、例を挙げながらご紹介します。ユーモア溢れる絵てがみをご堪能ください。

エディターズレビュー

好評、第一弾から2年経た今もあのユーモア溢れる文章は冴えわたっている。絵と文章の組合せは、時としてほろりとしたり、にやっとしたり。著者の絵手紙をいただける方は毎回楽しみにしているのではないだろうか。書家でもあるので、文字もカッコいい。一時体調を崩されたのですが、いつまでもこの冴え渡る言葉遊びは続けて私たちの前に絵てがみを披露して欲しいと思う。言葉はどのように発想をするのかと聞いたときに、例えば“りんご”なら、丸い、赤い、瑞々しい、すっぱい、赤いほっぺ、ウイリアムテル、りんごの歌、蜜、青森・・・・。もっとたくさんあげてくださった。そうやって考えるのか~と感心しきり。脳トレもなると思った次第です。

著者紹介

1932年東京生まれ。グラフックデザイナーとして独立後、数々の賞を受賞。はがきなどのデザインを数々手がける。又、書家として書道会の理事でもある。また、絵てがみや書道教室も主宰している。