予約受付中Vol.20 早春号

手づくり手帖 Vol.20 早春号

詳細を見る

予約受付中

好評発売中Vol.19 初冬号

手づくり手帖 Vol.19 初冬号

詳細を見る

購入する

読み応え十分な本誌と材料キットがついてこのお値段!

単号購読

1冊 2,300円+税

年間購読
(4号分一括払い)

8,000円+税
1号あたり 2,000円+税

4号分で1,200円+税お得

年間購読お申し込み特典

年間ご購読者だけの特典として、「手づくり手帖」電子版を無料でダウンロードできるサービスをご用意しています。
お手持ちのパソコン、スマートフォン、タブレットでも誌面をお楽しみいただけます。

※Windows、Android、iPhone、iPadで閲覧が可能です(Macは非対応)。
※電子書籍配信サービス「BookLive!」への会員登録(無料)が必要となります。
※付録、型紙ほか、電子化されていないページもありますので、予めご了承ください。

ご利用手順はこちら

早春号の付録(材料セット) 『手づくり手帖』のためにデザインしてくれたプリント布でミニキルトを作ります。半分に折ってマグネットボタンをつければ、ポーチにも応用できる優れもの。鷲沢さんならではの優しい花柄プリントをお楽しみください。

手づくり手帖 Vol.20

2019年2月16日発売

パターンの構成や配色の美しさで人気のパッチワークキルト作家、鷲沢玲子さんにご登場いただき、タペストリーからバッグやポーチ、ミニ額などの小物まで、美しい花模様のキルトを多数展開します。また、鷲沢玲子さんの元で長年キルトを学んでいる三浦百惠さんのキルトもご紹介。ほか、Rairaiこと蓬莱和歌子さんによる優しい色合いの刺しゅう作品、布花の作品、花のブローチなど彩り豊かにお届けします。

予約する

バックナンバー無料ダウンロード特典つき 年間購読なら1,200円(税抜)もオトクです。

定期購読する

Contents

特集1
暮らしを彩る花模様

  • 暮らしを彩る花模様1

    暮らしを彩る花模様のキルト  キルトおぶはーと 鷲沢玲子さん

  • 暮らしを彩る花模様2

    出かける花刺しゅう Rairai 蓬莱和歌子さん

  • 暮らしを彩る花模様3

    布花の贈り物 Yasuko Yubisuiさん

  • 暮らしを彩る花模様4

    花咲く 春のブローチ
     aollさん kissmi wakisakaさん マカベアリスさん acou;(アク)さん 岡田昌子さん

通販ページがリニューアル!

早春号から、通販ページが掲載ボリュームも増量し、リニューアルします!
今回は大人気刺しゅう作家の樋口愉美子さんと、刺しゅう糸メーカーのDMCがコラボレートした、珠玉の刺しゅうキットが登場。楕円形の木製刺しゅう枠は、この作品のためにオリジナルで作られたものです。その中に、四季それぞれに合わせてデザインされた植物が、艶やかな刺しゅう糸でくり広げられています。一つひとつが優美で愛らしく、四季の自然が感じられる四つをすべて揃えて作ってお部屋に飾っても趣きがあります。AN Linen きぬがわあゆみさんの「洋裁日和 16」の使用布や青木恵理子さんの麻ひもで編むバッグの材料セットなど、ほかにも魅力あふれる商品を手づくり手帖編集部が集めました。この機会にぜひお求めください。

季節を感じる特集

  • 「青木恵理子さんの麻ひもで編むバッグ」
  • 長田なおさん「包んで楽しむ 日本のしきたり (二)」お祝い包み
  • 黒沼えいこさん「リースのある暮らし 第3回」春花リース
  • AN Linen きぬがわあゆみさん「洋裁日和 16」ロングガウン ショートジャケット
  • スズキエミさん「季節のおかず 12」ウド、金柑、新ジャガを使って

特集2
おとなの学校

  • 菅原順子さん

バッグやポーチを作る際に必要になるのがファスナーつけです。苦手意識をお持ちの方も多いのではないでしょうか?
今回は初心者でも簡単にファスナーつけができる二つのパターンで、バッグとポーチを作ります。教えてくれるのは、長らく本誌で「アイディアの逸品」をご担当いただいた菅原順子さん。お楽しみに!

人物取材/手の人

  • 左/ソーイング作家伊藤みちよさん
  • 右/ナンタケットバスケット作家塩川美佳さん

巻頭連載

  • 八幡垣睦子さん「早春」 花あかり
  • 安田成美さんのすてきな作家探訪(3)キルトおぶはーと 鷲沢玲子さん

連載 エッセイ

新連載スタート!

  • 川崎由季恵「切り紙歳時記」
  • 今 ひろ子「素材が語る時代の夢」 パピエ・マシェ

連載

  • 平野恵理子さん「手づくり懐かし帖 6」 晒を一反使い切る
  • 吉岡幸雄さん「五感の調べ 20」 日本人は何を纏ってきたか
  • 赤木明登さん「心から形へ 20」美しきもの 「石ころ」
  • 秦 ワタルさん「メンテナンス ストレッチ!」

手づくりとアイディア

越膳夕香さんに習う「第7回 コツをつかんで素敵なバッグづくり」では、「丸底のドローストリングバッグ」をご紹介します。袋口に通したひもをきゅっと絞るドローストリング、つまり巾着タイプのバッグ。肩に掛けて颯爽と持つこともでき、春のおでかけにはぴったりです。このバッグではひも通し穴に金属製のハトメを使っています。ハトメはひも通し用に開けた穴の補強だけでなく、デザインのアクセントにもなり、ぐっと完成度がアップします!「手づくり大好き!」では、リボン刺しゅうで「バラのミニ額」の作り方を小倉ゆき子さんに教わります。リボン刺しゅうの魅力は使用するリボンが糸と違って幅が広いため、早く刺し埋めることができること、そして何といっても光沢や質感が織りなす優雅で華麗な雰囲気にあります。今月号もさまざまな手づくりアイテムでお楽しみください。

初冬号の付録(材料セット) おめでたい柄として有名な「初音」の押し絵に松竹梅を飾り、ミニ色紙にまとめます。お正月など祝いの日にお楽しみ下さい。

手づくり手帖 Vol.19

2018年11月17日発売

着物を仕立てたときの余り裂など、和裂を使ったお細工物づくりは、江戸時代の頃より日本女性の教養のひとつとして親しまれてきました。巻頭特集では、尾崎美智子さんによる、貴重な古裂を使った巾着、裁縫道具、てまりなどをご紹介します。他、日本刺しゅうの帯留めや半衿、古布のキルトと掛け軸、大島紬のパッチワークバッグなど日本伝統の美しさをご堪能ください。

購入する

プレゼントの応募&アンケートを受けつけています。ぜひご意見をお寄せください。

読者アンケート

Contents

特集1
和を愉しむ手づくり

  • 和を愉しむ手づくり1

    昔懐かしい和の針仕事  尾崎美智子さん

  • 和を愉しむ手づくり2

    浅賀菜緒子さんの日本刺しゅう

  • 和を愉しむ手づくり3

    古布に遊ぶ 藤元永美子さん 松苗美代子さん

  • 和を愉しむ手づくり4

    作って楽しい、もらってうれしい お正月カード
     遠藤佐絵子さん 千葉美波子さん 辻井華清さん 村西恵津さん やまもとえみこさん

特集2
おとなの学校

  • 菱刺し長岡喜美子さん

Lesson16は「菱刺し」をお届けします。衣服が少しでも暖かくなるように、木綿糸でチクチクと丹念に刺したのが刺し子です。「菱刺し」はみちのく南部地方と呼ばれる、青森県南部の太平洋側に200年以上前から伝わる刺し子の一種。極寒の地で生まれて女性たちの手によって育まれ、明治、大正の頃まで受け継がれていました。今回は『菱刺し模様集』から選んだ模様を使って作る手提げの作り方を、長岡喜美子さんに教わります。

人物取材/手の人

  • 左/手織作家ニットデザイナー 岡本啓子さん
    「編むだけでも着るだけでもない、ニットの楽しみをデザインする」
  • 右/コラージュ刺しゅう作家稲垣ヒロ子さん
    「刺しゅうとコラージュ 布と糸で描く実物大の動物たち」

巻頭連載

  • 八幡垣睦子さん「初冬」 雪のおしどり
  • 安田成美さんのすてきな作家探訪(2)
  • 江戸小紋・江戸更紗 二葉苑 小林元文さん

連載 エッセイ

連載スタート!

  • 秦 ワタルさんの「メンテナンスストレッチ」

連載

  • 平野恵理子さん「手づくり懐かし帖 5」」紋切り型で飾る
  • 赤木明登さん「心から形へ 19」美しきもの「他力への道」
  • 吉岡幸雄さん「五感の調べ 19」日本人は何を纏ってきたか 「江戸の茶と黒の色彩」
  • 能澤慧子さん「ファッション史のアナザーストーリー 11」クラヴァット
  • 「つくりびと知らず」特別編カーリン・ラーションテキスタイルアートの礎となった女性

手づくりとアイディア

菅原順子さんの「アイディアの逸品 最終回」では、たくさんあるパッチワークのパターンの中でも人気の「ボウタイ」を使って、なんと!切らずに畳んで作る、リボンのコースターをご紹介します。越膳夕香さんに習う「第六回 コツをつかんで素敵なバッグづくり」では、「木工口金のクラッチバッグ」をご紹介します。幅広で存在感があり、金属製とはまた違った、シックで高級感のある佇まいです。「手づくり大好き!」では、かぎ針編みで「ダリアの円座」の作り方を城戸珠美さんに教わります。これから本格的に寒くなる時期、毛糸で編んだ円座はふんわりとしていて冷えから身を守ってくれるばかりか、部屋の雰囲気も明るくなります。「作ってみましょう 15」では、野口 光さんによる昨今大人気のダーニングが登場します。今月号もさまざまな手づくりアイテムでお楽しみください。