第2回 お題「グラデーション刺しゅう糸」
2019/04/11 00:00
ステッチイデーの人気連載「ステッチ&トーク」。刺しゅう作家の西須久子さんと新井なつこさんがひとつのテーマを元にそれぞれ作品を作り、おしゃべりするページです。対談の本編はvol.29誌面でお楽しみください。ここでは編集担当者を加えた3人で、お題以外のお役立ち内容もたっぷりお届けします。 どうしても言いたかった 編集部(以下・編) 連載第2回目ですが、お2人とも実は苦戦されたそうで…。 新井なつこ(以下・新) グラデーション糸は難題でしたねえ~。 西須久子(以下・西) 今回改めて向き合ってみたけど、グラデーションとか段染めの糸は奥が深いな~と思いました。きれいな糸だから、手に取ってみたい・使ってみたいと思う人は多いよね。  本編にもあるけど、本当に刺してみないとわからないんですよ。いろんなサンプルを見てもらえるように、西須先生と私で違う色のコロリを使ったんです。 西 コロリに色名がついてるの、おもしろいね。最初は気がつかなくて、ラベンダー系の4523を選んだら、色名が「北風」。春夏の号だからこれはナシだねって。  1本に何色も使ってあるからか、布の色も影響しますよね。 西 そうなの、青緑系のプリマヴェーラ(4506)を白い布にも刺してみたら、何かピンと来なくて。  私も、こんなに刺し直したことないですよ。作品自体はシンプルなんだけど。  そんなに…? 本当に、お手間をおかけしました。  コロリでころりって、逝くかと思っちゃった。 西 それ、どうしても言いたかったのね? ハーダンガーは早めに 西 新井さんの作品はポンポンのグリーンが効いてるね。糸の中のグリーンより濃い色にしたのが正解!  コロリの中の1色から取ったら、ぼやけた印象になっちゃって。思い切って濃いめ・渋めの色にしてみました。 西 私も最初はサテンステッチ以外の8番糸をコロリの中の1色にしようと思ってたの。いろいろ試してみたけどしっくり来なくて、結局布に合わせた色にしました。あえての濃い色ね、勉強になるわ~。  刺しゅう界のヤンバルクイナ(編集部注・希少生物という意味らしいです)と言われるほどの重鎮なのに、この向上心!  西須先生のドイリーはハーダンガーだから、布の織り糸4本分のサテンステッチですね。  ハーダンガーにグラデーションのコロリを使うの、いいですね。すごくきれい。 西 単色で刺すより「あら」が目立たなくていいかも。(コロリは25番糸の)3本どりなので、布目を埋めるようにふっくら刺せますよ。普通はサテンステッチも8番糸だからね。  ハーダンガーは刺していくうちに糸が毛羽立ちやすいせいか、仕上がりがホコリを呼びがちというか、うっすら色が変わりがちというか…。 西 それはあるのよね~。はっきり言うと、汚れやすい。制作途中の布と糸をビニール袋に入れておくのも、静電気でホコリが集まるからよくないの。ハーダンガーは刺し始めたら早めに仕上げた方がいいです。特に白いものは注意が必要ね。  では、制作中はどうやって保管していますか? 西 作りかけの布も薄紙に包んでから筒に巻いています。前回のくり返しになるけど、自分の作品を大切に扱いたいからね。  今回使ったコロリ、他にはどんな使い方ができると思いますか?  シャツのポケット口とか前立てに、詰めてボタンホールステッチするとかわいいと思う。 西 ボタンを同じ糸でつけてもいいね。  白いシャツは明るい色、ダンガリーのシャツには濃いめの色が似合うんじゃないかな。 西 あとは、スミルナステッチ(スタンプワークで用いられるループ状のステッチ)に使ってもおもしろそうね。 古い色見本帳の活用法 西 そうだ新井さん、あの写真見せてあげて! 色見本帳の…。  はい、これですね。  これは、刺しゅう糸の色見本帳を切り離したもの?  そうです。古くなった色見本帳を列ごとにカットして、上に穴を空けてリングでまとめたの。買い足す時は必要な番号のある列だけ外して、お店に持って行けばいい。 西 これアイディアよね。それぞれの色を布の上に乗せて見られる。  本当、いいですね! 編集部でも作品の色番号を確認するのに色見本帳が必需品だから、今度やってみよう。  これね、私がインスタグラムにアップしたら西須先生から連絡が来て、「すぐ削除しなさい!」って。 西 「こんないいアイディア、イデーの連載用に取っておかなきゃダメじゃない!」って言ったの。  いろいろお気遣いいただき、ありがとうございます(笑)。
西須久子×新井なつこ ステッチ&トーク TOPへ戻る ステッチイデーWebホームへ戻る