ミシンのしくみ ミシンについて

ass="specialSewing">

ミシンのしくみ -ミシンについて- この春、はじめる・楽しむ ミシンソーイング

実はミシンって、正しい知識とちょっとしたコツがわかれば、驚くほど作品のでき上がりに差ができるもの。そこで、ミシンの使い方や道具などを詳しくご紹介。これを見れば、ミシンが苦手な人もきっとソーイングが楽しくなるはず!

ミシン各部の名称

糸案内
上糸をかける時に使います。
天びん
上糸にゆるみをもたせながら、糸を送っていく大切な役割があります。上糸が布の下に多く出て縫えない場合は、まず天びんを確認しましょう。
糸調子ダイヤル
上糸の調子の強弱を調整するダイヤル。数字を大きくすると上糸の調子が強くなり、数字を小さくすると上糸の調子が弱くなります。
糸道
上糸をかける時に糸を通す道。
押さえ金 (アタッチメント)
ステッチに合った押さえ金を使うことが大切です。
針板
針板を取り外し、針板の下にある釜にたまったホコリや糸くずの掃除をします。
糸立て棒
糸巻きを差し込み、糸こま押さえをかぶせます。
下糸巻き糸案内
下糸を巻く時に使います。
下糸巻き軸
下糸を巻く時にボビンをセットする軸。
プーリー
手前に回して針を上下に動かしたり、一針ずつ縫いたい時に使います。
操作パネル
振り幅や縫い目の長さの変更、ステッチや模様縫いの選択など、各種設定ができます。
ステッチ機能選択ボタン
直線縫いやジグザグ縫いなどのステッチの種類を変更します。

※機種によって各部の場所や名称が異なりますので、付属の取扱説明書でご確認ください。

ミシンの種類

最近では、便利で多様な機能を充実させたミシンが各社より発売されています。縫いたいアイテムや使用頻度、予算などから自分に合ったミシンを選びましょう。

家庭用ミシン

直線縫い、ジグザグステッチやボタン穴かがり、模様縫い、刺しゅう機能など、機種によりさまざまな機能があります。ミシンが苦手な初心者の人には、水平釜で自動糸切り機能と自動糸調子つきのものがおすすめです。

職業用ミシン

工業用ほどの大きさやパワーはなく、家庭用よりも速度が速い直線縫い専用のミシンです。縫い目がきれいなので、家庭用ミシンではもの足りない人や、洋裁のプロ、洋裁学校の生徒さんなどが愛用しているミシンです。

ロックミシン

基本的に、布端をカットしながら布端をかがり縫いするミシンです。家庭用のミシンのジグザグ縫いでも布端の処理はできますが、伸縮性のある布には対応していません。その点、糸を編み合わせて縫うロックミシンの「環縫い」という縫い目なら、糸のしめつけが弱いため、布地の伸縮に対応できます。

出典元書籍のご紹介

「よくわかる ミシンパッチワークの基礎」
ISBN: 978-4-529-04611-4
本体価格:1,300円+税
ミシンを使えば 、手縫いほどの力もいらず、あっという間にたくさんのパッチワークパターンが完成します。 本書では、ミシンの直線縫いでできるパッチワークのテクニックを多数紹介。 用具・糸・布・ミシンについての基礎解説や、基本となる8つの縫い方、その組み合わせや応用でできる パターンを約40点、作品例17点を掲載。直線縫いでできるキルティングのテクニックも紹介しています。また、 ミシンのトラブル解消に役立つアドバイスやQ&Aも必見です。
  • 立ち読みする
  • 詳細を見る

ページトップへ

特集一覧

最近見た商品