ミシンのしくみ ミシンの糸と針について

糸の素材はポリエステルやコットン、絹などさまざま。布と糸の素材を合わせることが理想ですが、ポリエステル糸はどんな素材の生地にも合い、色数も豊富なのでおすすめです。また、糸は番手が大きくなるほど細くなり、針は番手が大きくなるほど太くなります。

糸の素材と番手について

コットン糸もおすすめ!

布と糸を同素材にするとなじみもよく、アイロンをかけても収縮率が同じなので、シワになりにくいという利点があります。色数などはポリエステル糸と比べると少ないですが、天然素材なのでエコにもつながります。

布地・糸・針の関係

布地の厚さに応じて、糸と針も使いわけましょう。細い針で厚地を縫うと針が折れる原因にもなります。また、上糸と下糸は番手も素材も同じものを使うのが基本です。

薄地(オーガンジー・ボイル)   ミシン糸:90番 ミシン針:9番

普通地(シーチング・USAコットン)  ミシン糸:60番 ミシン針:11番

厚地(デニム・コーデュロイ)   ミシン糸:30番 ミシン針:14番

糸の素材と番手について

ミシン針の種類

ミシン針の種類

家庭用ミシン針は「平針」と呼ばれ、取りつけがしやすいように柄の部分の一方が平らになっています。それに対し、職業用ミシンは「丸針」と呼ばれ、平らの面がありません。
家庭用ミシンで一般によく使われるのは9番、11番、14番の針です。ただし、同じ番手でも針先がわずかに丸くなったニット専用の針もあるので、間違えないようにしましょう。

針の交換の仕方

針の交換の仕方

針の交換時には必ず電源を切り、プーリーを手前に回して針を上げておきます。左手で針を持ち、右手でねじをゆるめ(または専用ドライバーを使用)、針を下に引いて外します。
家庭用ミシン針は針の平らな部分を奥側に向け、しっかり差し込んでからねじをしめます。

針の交換の目安

針の交換の目安

ミシンの柄の平らな面を板などの平らな物に当て、針先までの隙間が均一に見えればOK。
針先が曲がっていたり、つぶれていたら、糸切れや目飛びの原因となるので交換しましょう。
条件の違いにもよりますが、ボビンを5~6個使った頃が針の交換の目安です。針をチェックしてみてください。
針は消耗品です。常にきれいな縫い目を希望される方はなるべく早い針の交換をおすすめします。

下糸の引き上げ方

下糸の引き上げ方

左手で上糸を持ったまま、右手でプーリーを手前に回すと、下糸が引っ掛かって出てきますので、右手で下糸の糸端を引き出します。

参考図書「よくわかる ミシンパッチワークの基礎」 日本ヴォーグ社刊

最近見た商品