編み方の基本 棒針編み

伏せ止め

棒針を使って目を止める方法で、止めの部分に伸縮性がありませんので、編み地の幅とバランスを見ながら止めます。また、なるべく糸端を利用して止めます。

■表目の伏せ止め

止めが目立ちますので端線をはっきりさせたいときに使います。

1最初の2目を表目で編みます。

2右の目を左の目にかぶせて右針からはずします。

3表目を1目編む・かぶせるを繰り返します。

4最後は糸をかけて引き出し、糸を切ってから、引き締めます。

■裏目の伏せ止め

止めが目立ちません。ガーター編みに使用すると端線まで同じ表情になります。

1最初の2目を裏目で編みます。

2右の目を2目めにかぶせて右針からはずします。

3裏目を1目編む・かぶせるを繰り返します。

4最後は糸をかけて引き出し、糸を切ってから、引き締めます。

ページトップへ

引き抜き止め

かぎ針を使って目を止める方法で、止まった状態は伏せ止めと同じです。初心者にも簡単にスピーディーにできます。

■表目の引き抜き止め

1端の目をかぎ針に移し、糸をかけて引き出し、1目編みます。

2次の目をかぎ針に移し、糸をかけて2目を一度に引き抜きます。

3次の目からも同様にします。

4最後は糸をかけて引き出し、糸を切ってから、引き締めます。

ページトップへ

1目ゴム編み止め

ゴム編みの表情と伸縮を生かした止めです。基本は2種類の針の入れ方で、どの目にも2回ずつ針を入れます。編み終わりの糸端を編み幅の約2.5〜3倍残して切り、その糸で止めますが、あまり長いと止めにくく、糸も汚くなりますので、1m前後にすると良いでしょう。

止めた糸は規則正しくジグザグになっています。

■右端が表2目、左端が表1目の場合

11の目に手前から針を入れ、2の目の手前に出します。

21の目に手前から針を入れ、3の目の向こうへ出します。

3表目同士に針を入れます。2の目に手前から入れ、4の目の手前に出します。

4裏目同士に針を入れます。3の目の向こうから入れ、5の目の向こうに出します。

5左端まで手順3・4を繰り返します。

6最後は2´向こうから針を入れ1´の目の手前に出します。

ページトップへ

2目ゴム編み止め

ゴム編みの表情と伸縮を生かした止めです。基本は4種類の針の入れ方で、どの目にも2回ずつ針を入れます。止めに必要な糸の長さは、編み幅の約2.5倍です。

■両端とも表2目の場合

11の目に手前から針を入れ、2の目の手前に出します。

21の目に手前から針を入れ、3の目の向こうへ出します。

3表目同士に針を入れます。2の目に手前から入れ、5の目の手前に出します。

4裏目同士に針を入れます。3の目の向こうから入れ、5の目の向こうに出します。

5表目同士に針を入れます。5の目に手前から入れ、6の目の手前に出します。

6裏目同士に針を入れます。4の目の向こうから入れ、7の目の向こうに出します。手順3〜6を繰り返します。

7最後は3´の目に向こうから針を入れ、1´の目の手前に出します。

参考図書

  • 「基礎シリーズ 新・棒針あみ改訂版」 日本ヴォーグ社刊