編み方の基本 棒針編み

メリヤスはぎ

表目をつくりながら、はぎ合わせる方法です。はいだ糸で1段つくる場合は編み目の大きさにそろえて糸を引き、つくらない場合は、はいだ糸が見えなくなるぐらいに糸を引きます。はぎに使う糸の長さは編み地の幅の約3倍必要です。

■両方とも目で残っている場合

1糸端のある方の端の目、向こう側の端の目の順に裏から針を入れ、次は図のように入れます。

2針は常に表から入れて、表に出します。1つの目に2回ずつ入れます。

3最後の目にも2回針を入れます。編み地の左右は半目ずれます。

ページトップへ

引き抜きはぎ

編み地を中表に持ち、かぎ針ではぎ合わせます。初心者でも簡単にスピーディーにできます。

■両方が目の場合

1手前と向こうの端の目にかぎ針を入れます。

2糸をかけて2目を一度に引き抜きます。

3次の目にかぎ針を入れて糸をかけ、一度に引き抜きます。

4最後の目をはいで、かぎ針に残った目から糸を引き出して、糸を切ります。

ページトップへ

とじ
編み地の段と段をつなぎ合わせることを「とじ」といいます。

すくいとじ

編み地の表側を手前に、編み地を突き合わせて、1目内側や半目内側の横に渡っている糸をすくう方法です。とじた糸は見えなくなるまで引きますが、引きすぎるととじた位置がつれますので、編み地の伸縮も考えて、バランスよく引きます。

■メリヤス編みのすくいとじ

【直線の部分】

1編み始め側から糸端で左右の作り目同士をすくってつなぎます。

22枚の編み地の1目内側の横糸を交互に、1段ずつすくいます。

3とじた糸は、見えなくなる程度に引きます。

【増し目の部分】

1増し目でねじられた足の外側の糸をすくいます。

2次の横糸は1目内側をすくいます。

【減目の部分】

減目した目の内側半目の間に針を入れ、次の段の横糸の上から出します。

参考図書

  • 「基礎シリーズ 新・棒針あみ改訂版」 日本ヴォーグ社刊