編み方の基本 棒針編み

ゲージをとる前にアイロンをかける

編み上げた作品は最後にアイロンをかけて仕上げますが、ゲージをとるときも同様にアイロンをかけ、編み上げた作品と同じ条件にしてゲージを測ると誤差も少なく、安心して編むことができます。
アイロンは、蒸気アイロンを使い、編み地に押しつけないように、軽くなでるようにかけ、編み目と形を整えます。

ゲージを測る

なるべく中央部分に定規をあて、10cmに何目何段あるのかを数えます。少しずつ場所を変えて何回か測るとより正確になります。

編み目

編み目の1目、1段は図のようになります。棒針で編めば必ずこのかたちになり、その半分を編むことはできません。

割り出し計算の仕方

10cmで14.5目、19段の場合
10cmで14.5目→1cmでは1.45目、10cmで19段→1cmでは1.9段
例/52cm×1.45=75.4…76目、27cm×1.9=51.3…52段

参考図書

  • 「広瀬光治のあみものの基礎」広瀬光治著 日本ヴォーグ社刊