縫い方の基本

折り伏せ縫い

縫い目が丈夫な縫い方で、シャツや子供服など洗濯回数の多いものに向いています。縫い代が隠れて裏もスッキリきれいに仕上がります。

1布地を中表に合わせ、でき上がり線をミシンで縫います。

2片方の縫い代(倒す側)をカットします。

3カットした縫い代を幅の広い方の縫い代で包むようにしてアイロンで押えたら、端にミシンをかけます。

4表から見たところは、こんな感じです。

「ソーイング 基本のき」ではソーイングの基本無料動画を大公開しています!