簡単編み物で手作りを楽しもう タティングレースの編み方&始め方

タティングレースの編み方をレッスン

初心者が最初に戸惑いがちな「手の動き」を動画もまじえてわかりやすく解説!編み方を楽しく学べるタティングレース教室もご案内します。

動画でレッスン 基本の編み方

シャトルに糸を巻きましょう。
STEP1
シャトルのとがった部分を左手で持ち、糸を通します。
STEP2
シャトルを右手で持ち替えて、通した糸を左側に引き出します。
STEP3
シャトルのとがった部分が右側の下になるようにシャトルを置きます。(みどり色の枠を参照)
STEP4
引き出した糸を長い糸の上からはさむようにし、引き出した糸の下へまわして、輪を作ります。
STEP5
糸端を輪の上から通します。
STEP6
糸端を引き、結び目を作ります。
STEP7
長い方の糸を引いて、結び目をシャトルの芯までしめます。
シャトルの芯まで結び目をしめたところ。
STEP8
シャトルに糸が付きました。
STEP9
シャトルの先を上にし、とがった部分が左側に来るように、シャトルを持ちます。次に、手前から向こう側へ糸を巻きます。短い糸端は一緒に巻き込んでください。
STEP10
シャトルの幅までいっぱいに巻き、糸を切ります。
基本の持ち方
この画面をクリックすると動画ウィンドウを開きます
基本の編み方
この画面をクリックすると動画ウィンドウを開きます
ピコットの作り方
この画面をクリックすると動画ウィンドウを開きます
間違えやすいポイント
タティングレースで間違えやすいのが、芯になる糸です。正しい結び方はシャトルに巻いた糸を芯にして、左手の糸が絡んで結ばれます。
正しく結ばれると、シャトルに巻いてある芯の糸を軸にダブルステッチが動きます。
ダブルステッチが動かない時は、間違った結び方をしているので、シャトルに巻いてある方の糸が芯になるように結んでください。
糸の始末
STEP1
5枚の花びらが編めたら、糸端を4〜5cm残して、糸を切ります。
STEP2
糸端を図のように結びます。
STEP3
結び目にボンドを少量つけて固定します。
STEP4
糸端を表から見えないようにリングの上に重ねてボンドで固定し、完成です。
監修:藤重すみ Sumi Fujishige
東京都出身。田村彰三先生に師事。
その後、ヨーロッパ各地をめぐり、レースデザイナーの方々と交流。各教室、展示会などタティングレースの普及に取り組んでいる。現在(財)日本手芸普及協会常務理事、RING OF TATTERS会員。著書に「北欧の手あみ」「かわいいタティングレース」「やさしいタティングレース」(日本ヴォーグ社刊)等

ページトップへ

特集一覧